【北朝鮮】ミサイルで日本の対策は?どこが標的か可能性は?

2017年9月16日

北朝鮮のミサイル発射の回数が多くなりそうです。
日本の上空を通過する機会も増えそうなのです。

日本の対策は大丈夫なんでしょうか。

現在の北朝鮮のミサイルの標的はどこなのか
今後の対策の可能性についてわかりやすくまとめましたので
ぜひごらんください。


北朝鮮のミサイルとは?

2017年8月29日と9月15日は
同じタイプのミサイル「火星12」でした。
中距離弾道ミサイルですね。

 

今後はグアムを狙ってくると予想されます。

 

同じミサイルの「火星12」なんですが
4発同時の可能性も高いそうです。

 

グアムといっても領海ギリギリの海を狙ってきますね。
それを越えるとアメリカも黙っておらず
戦争が始まりますので
ギリギリの瀬戸際外交になります。

 

ミサイルと表記していますが
正確には飛行物体、ロケット
ダミーのミサイルです。

 

弾頭には爆弾が付いていません。
9月15日のミサイルでは
飛距離を伸ばすために
弾頭には何もついてなかった
可能性もあるんですね。

 

本来なら実験の為に
爆弾と同じ重量の物質を載せて
発射するようです。

日本の北朝鮮のミサイルの対策とは?

現在日本に配備されているのは
このダミーのミサイルがもしも失敗して
民家に落ちて来たら危ないということで
破壊するためにPAC3を配備しているんですね。

今の北朝鮮のミサイル実験の回数は増えそうです。

ですが日本へ落ちる可能性は低いんですね。

上空を通過する機会は多くなるので
Jアラートは頻繁になるでしょう。

危ないのは情勢が変化して
アメリカが武力行使を行った場合です。

 

あるいは制裁が強まって
北朝鮮が暴発する場合ですね。

金正恩が降伏するような雰囲気ではないので
道づれに日本へ核ミサイルを発射する可能性があると
不安視されているんですね。

なので今実験で発射されているミサイルと
今後、可能性のある核ミサイルとは
少し分けて考えておく必要がありますね。

それで核ミサイルの対策はいまのところ
日本には無いですね。
かろうじて抑止になっているのは
アメリカの核の傘ではないでしょうか。

 

北朝鮮のミサイルの標的は?

今の実験で発射されている北朝鮮のミサイルの
標的はアメリカです。

 

外交を優位に進めるために
武力を誇示するのが狙いですよね。

 

核ミサイルは使わなければ最強

使ったら北朝鮮は終わりですね

 

まだアメリカまで届く核ミサイルは
北朝鮮にはありません。
これが揃うと
交渉かアメリカの軍事行動か
どちらがあるのか
専門家でもかなり意見が分かれています。

 

今は年内に戦争があるのではという
意見が多くなっていますね。

 

その戦争が始まった場合は
周辺国と日本があぶないですね。

 

北朝鮮が先制攻撃をしてくる可能性は低いです
なにかのミスや偶発的な衝突で
開戦する可能性があります。

 

アメリカが軍事行動を起こす場合は
空爆で北朝鮮のすべての報復行動を防ぐでしょうが
日本へ核ミサイルが発射される可能性は
0%にはならないですよね。

北朝鮮のミサイルの今後の可能性は?

「火星12」をグアムへ
「火星13」をハワイ沖へ
「火星14」をワシントンへ

こんな順番で徐々に飛距離を伸ばして
詰め寄っていきそうです。

 

金正恩の独裁と核ミサイルの保有を
アメリカが認めるかどうかですね。

 

普通はあり得ない交渉なんですけど
アメリカの覇権主義の終焉との見方もあって
交渉に入る予想も多いですね。

 

アメリカとの戦争
北朝鮮の核ミサイルの保有

 

この2択だけなのは
日本にとってはなかり危険な状況ですよね。
どちらにしても北朝鮮の核ミサイルの脅威からは
逃れることができませんね。

 

ミサイルの対策としては
ミサイル防衛が必要なんですが
攻撃するぞと脅す側よりも
防衛にまわる方がお金かかるんですよね。

 

これ費用負荷戦略というんですが
軍事費を増やしすぎても
経済が弱まる場合もあるんですね。

 

核シェアリングといって
核ミサイルのシェアも考えていたんですが
日本の政権が変わった場合
なかなか危ない政党もあって
核のボタンを任せられないなんて議論もあるようです。

 

結局のところ日米の安全保障の強化で
やり過ごしていくのが
国民の安全を保障する上では
安上がりで現実的かもしれません。
国の自活、自立には程遠い現状です。

防災グッツや食料の記事はコチラ
戦争になったら必要なものや用意するものは?防災グッツは?
戦争になったら必要なものや食料や備蓄は?有事に備えてできることは?

専門家が厳選した防災グッツはコチラ
防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

まとめ

今後、北朝鮮のミサイルが
日本の上空を飛んでいく回数が増えそうです。
日本のミサイル対策が迫られていますよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。