ミサイルはいつ発射か北朝鮮の予言がヤバい?日本のどこに落ちる?

2017年9月12日

アメリカとの駆け引きで緊張感が高まり
北朝鮮のミサイルの発射が予想されています。

この緊張状態はずっと続くんでしょうか。

ミサイルはいつ発射されるのか?
予言ではなく、どんな種類があって
日本へ落ちる可能性?について
かなりわかりやすくまとめましたので
ぜひごらんください。


スポンサードリンク

 

ミサイルはいつ発射されるの?

北朝鮮はアメリカの出方をみて
慎重に発射の日程を決めていることがわかります。
発射の準備にはけっこう時間がかかると思っていたんですが
そうでもないみたいですね。

 

北朝鮮の記念日に発射するというわけでもなかったんですね。
なので制裁決議などかなり流動的に変化しているようで
この日が確実に危ないとはいえないみたいです。(*_*)

 

米国は間もなく「最大の苦痛」に直面すると主張

 

これって制裁決議に反対した北朝鮮の
予言というか発表なんですよね。
国連でのアメリカが提出した北朝鮮への制裁決議案って
当初は石油の完全禁輸だったんですよね。

 

それをかなり妥協させてゆるやかな制裁決議になっています。
アメリカは中国、ロシアと水面下でかなり交渉を重ねて
北朝鮮を刺激しない方法に妥協したんですよね。

 

それでも金正恩は「わしゃ気にいらねー」と
突っぱねているんですね。
イケイケな感じがわかりますでしょうか。
この人、ホント危ないんですよね。((+_+))

 

9月中にはミサイルの発射はあるんじゃないでしょうか。

 

一応、いまのところ9月以外で
予言というか予想されている他の日は

 

相手国であるアメリカの嫌がる日

 

これになりますね。

 

日曜日の発射が多いのは
キリスト教の祝日に関係があるといわれています。

 

あとはアメリカの記念日ですね。

 

2017年だと

10月9日 コロンブス記念日

11月11日 退役軍人の日

11月23日 感謝祭

12月25日 クリスマス

残るはこの4日ですね。

 

祝日とはいえあまりコロンブスは
ミサイルと関係ないような気がしますよね。

11月11日あたりは軍関係の記念日なので
ミサイル発射の日としては
かなり危ない日になるかもしれませんね。

 

ただいろいろ要因が重なって
ミサイルの発射は外交上の駆け引きの道具なので
正確な日程はわからなくなっています。

 

ミサイルは何が発射されるの?

1.    グアム周辺に「火星12」4発発射

2. SLBM「北極星3」発射

3. 3段式ICBM 「火星13」発射

 

次はこの3つのどれかと予想されています。
9月9日と予想していたらおもいっきりハズレました( ;∀;)

 

交渉のカードとしてどの方法を使ってくるかなんですよね。
他には7回目の水爆実験が予想されていますが
これはまだ準備に時間がかかると思うんですよね。
次はミサイルの発射の可能性が高いです。

 

1.    グアム周辺に「火星12」4発発射とは?

8月29日に日本の上空を通過した「火星12号」
本来なら襟裳岬沖にグアムと同じ距離である
3600km飛ばす予定だったんですね。
最初に北朝鮮のニュース映像で
ミサイルの軌道も発表されていました。
なんらかの原因で失敗して
2700kmしか飛んでいないんですよね。

これを4発同時に発射して
北朝鮮の脅威をみせつけると予想されています。
グアム周辺かどうかはちょっとまだわからないですね。

 

2. SLBM「北極星3」発射とは?

SLBMとは潜水艦から発射するミサイルです。
潜水艦は海中を移動するのでどこから発射するかわかないのが
北朝鮮の脅威となります。
SLBMは海中からしゅぽーんと出て点火して発射するミサイルなので
他のミサイルよりも技術力が必要なんですよね。
これでどやさ!と実力を見せつけることができるわけなんですね。

 

3. 3段式ICBM 「火星13」発射とは?

3段式なので「火星12」よりも飛距離が長いのです。
そしてなぜか後続の「火星14」よりも飛ぶのだそうです。
いま北朝鮮の「火星」ミサイルのシーリーズでは一番飛距離が長いんですね。
ICBMというか超・長距離弾道ミサイルですね。
アメリカ・ワシントンまでミサイルを飛ばすのが北朝鮮の狙いです。


スポンサードリンク

 

ミサイルはどこに落ちるの?

アメリカは北朝鮮が仕掛けてくるのを待ち構えているんですよね。
戦争の口実が欲しいようです。
北朝鮮は戦争したら負けるのはわかっているので
ギリギリのところを狙ってくるんでしょうね。

 

結論からいうとまだ日本のどこにも
北朝鮮のミサイルが落ちる可能性は低いと思いますよ。
アメリカとの開戦が始まったら日本も危ないですよね。

 

ミサイルの方角と飛距離が問題です。

 

次は多分日本の上空を越えた東の方角
飛距離は3600kmを越えてくるんじゃないでしょうか

 

グアムを狙ってくるのかはちょっと微妙ですね。
グアムの方角を狙って飛距離もあったら
戦争に突入する微妙なところだと思います。

 

北朝鮮のミサイルの精度もまだ高くはないので
そこまでギリギリなところは
狙えないかなと思うんですけどね。

 

ただし北朝鮮の技術力がものすごいスピードで上がっているので
予言や予想はかなり難しいっすよ( ;∀;)
侮れないんですよね。

 

北朝鮮のミサイルが日本の上空を越えていく
回数は多くなりそうですが

日本へミサイルが落ちる可能性はまだ低い状況です。

 

ミサイルの避難方法は?

ミサイルと表現しているんですが
北朝鮮が発射しているのはまだ今のところ
張りぼてのロケット・飛行物体
なんですね。

 

ミサイルとは狙った通りの軌道で飛ばし
敵地をピンポイントで破壊する兵器ですね。

 

まだその技術は北朝鮮にはありません。
年内にはその技術も習得しそうな勢いはありますね。

 

電磁パルス攻撃の可能性は日本にとってもかなり脅威ですが
まだ実際には使ってこないと思うんですけどね。

 

 

ミサイル実験の段階ではまだ日本は危なくないので
日本のどこに落ちるかは気にしないで
慌てないで対処することが大切だと思います。

 

Jアラートが鳴ったら野外の人は建物の影や
屋内や地下に避難した方が良いですよね。

 

窓ガラスからは避けておいた方が良いそうです。

 

自宅の人はお風呂場が一番安全になるようです。

 

北朝鮮が発射している物体は
まだまだ正式にはミサイル・兵器ではないので
慌てないで対応いたしましょーう

でも いつアメリカと北朝鮮の戦争が始まっても
おかしくない状況なので備えや準備は必要ですよ。

防災グッツや食料の記事はコチラ
戦争になったら必要なものや用意するものは?防災グッツは?
戦争になったら必要なものや食料や備蓄は?有事に備えてできることは?

専門家が厳選した防災グッツはコチラ
防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

まとめ

北朝鮮のミサイルがどれほどの精度で
どの方角へ飛距離を伸ばしたかが重要ですね。
それによってもしもアメリカが北朝鮮を攻撃することになると
日本もかなり危なくなるかなと思います。

ギリギリな状態は長く続きそうなので
いろいろ準備しておいた方がよさそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサードリンク