Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

北朝鮮の核実験で戦争の可能性がヤバい?日本の核ミサイルのシェアとは?

北朝鮮の6回目の核実験の威力が凄すぎました。
アメリカとの緊張感も一気に高まり
戦争の可能性も秒読みではと予想が広まっています。

今、本当に危ないのは日本なんですよね。
今後どんな対策ができるのか
日本を守るには核シェアが有効というアイデアについても
わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください。


北朝鮮の核実験とは?

第6回目の核実験が行われました。
いまこの時期にこのカードを切ってくるとは
周辺各国も予想していなかったようです。

 

特に中国が驚いているようですね。
国境近くでもありますし
ミサイル発射も中国の会議に関連して
発射しているのではと予想されています。

 

金正恩はまだ中国への訪問をしていないんですね。
これは北朝鮮の国家体制としては異例で
中国の後ろ盾なしにいろいろと決めていこうとしているんですね。

 

あぶないっすよー

 

北朝鮮は2006年から核実験を開始しています。
右の数値は爆発の威力を表すものです。

1回目 (2006年10月) 0.5~1
2回目 (9年5月) 2~3
3回目 (13年2月) 6~7
4回目 (16年1月) 6~7
5回目 (16年9月) 11~12
6回目 (17年9月) 70~120

広島型原爆 (1945年8月) 16
長崎型原爆 (同)     21

6回目の核実験はちょうど1年ぶりなんですが
威力が約10倍にまで跳ね上がっているんですよね。

 

まさに右肩上がり!

 

いらない成長なんですが
着々と実績を積み重ねている北朝鮮です。

 

とにかく核ミサイルを保有しないと
金一族は抹消されてしまうので必死です。

 

中東へ武器を密売していた北朝鮮
イラクのフセインや
リビアのカダフィ大佐
核を持たざる独裁者が
アメリカに消されていったのを
目の当たりにしているんですね。

 

独裁、やめたらいいじゃんって思うんですけど((+_+))

 

絶対にやめませんね
すなわち北朝鮮が核を放棄することはないのです。

北朝鮮の核実験で戦争の可能は?

ここまでのんびり対話路線が続いたのは
北朝鮮の技術力を侮っていたからなんですね。

 

核実験の数値、結果をみるように
1年間で10倍ものスピードで
加速度的に成長しているのがわかります。

 

ミサイル開発も同じくらいのスピードですよね。
とにかく国際社会の常識を超えた
予想よりも早いスピードで実現しています。

 

いま北朝鮮が駆け引きしているのはアメリカです。

アメリカとの戦争

北朝鮮の核ミサイルの保有

この2択しかありません。

 

北朝鮮はかなり論理的にしたたかに
アメリカとの裏交渉をねらって
核ミサイルの保有を目指しています。

 

多分これは避けられないでしょうね。

 

北朝鮮もアメリカも戦争はしたくないのが本音ですね。

 

北朝鮮もアメリカの核の報復攻撃を恐れています。
それが抑止力になっているんですよね。

 

日本への抑止力にはなっていないことをきちんと
認識した方がいいですね。

 

北朝鮮の核ミサイルには日本の意思決定ができる
核ミサイルの保有しか対抗措置はないでしょう。

北朝鮮から日本を守る核シェアとは?

いきなり日本が核ミサイルを持つことはできないでしょう。
ただ戦後70年の平和はアメリカの核の傘の下
アメリカ軍、自衛隊、日米安保で守られていたことを
正しく認識する必要があります。

 

今問題なのは仮に北朝鮮が日本を核ミサイルで標的にしても
アメリカは守ってくれる保証はないってところですよね。
アメリカが核で報復攻撃する意思がないならば
核の抑止にはならないし
北朝鮮が核ミサイルを日本へ本当に発射しても
日本が独自に対応すべき方法がないですね。

 

ヨーロッパではどうでしょうか
ロシアの脅威におびえるヨーロッパ諸国
ドイツやイタリアは核ミサイルを持っていませんよね。

 

アメリカと核ミサイルをシェアしているんです。

 

これは日本のアメリカの核の傘の下にあるんではなくて
ロシアや敵国の有事の際には
アメリカとドイツとイタリアの決定が一致すれば
核ミサイルを発射できるという核のシェアリングなんですね。

 

ただ借りてるだけではなくここまでして
核の抑止力が発動します。
そして3か国で共同でシェアすれば維持費も安いし
暴発の可能性も下がって安全ですよね。

 

今後議論されなければいけないのは
日本とアメリカの核ミサイルのシェア
(場合によっては韓国も)
そして北朝鮮と中国とロシアの核ミサイルのシェアですね。

 

その落としどころ、手打ちが現実的かもしれません。
金正恩だけに核ミサイルのボタンを
渡しておくわけにはいけないですよね。( ;∀;)

 

戦争よりも現実的かもしれないですね。
まぁ金正恩がどんな条件で
本当に受け入れるのか?微妙ですけどね。

 

その交渉の間にも
日本への脅威はずーっと続くし
解消されることはないのです。
アメリカよりも日本が危ないし
他人に命を預けてのんきにしてる場合じゃないっす。

 

せめて自分たちで意思決定できる法整備や
非核三原則の「持ち込まない」の部分は
見直さないと核のシェアもできませんね。

防災グッツや食料の記事はコチラ
戦争になったら必要なものや用意するものは?防災グッツは?
戦争になったら必要なものや食料や備蓄は?有事に備えてできることは?

専門家が厳選した防災グッツはコチラ
防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

まとめ

北朝鮮の核の脅威からは逃れられないです。
どんなふうに封じ込めるのが現実的か
戦争を避けるには具体的に日本でも
決めていけることがたくさんあるんですね。

核のシェアは良いアイデアだと感じました。

自分たちの身を自分たちで守れるようになれるように
キチンと議論を深めて
納得のいく国の形を自分たちで決めたほうが良いですよね。
次の世代のこともありますからね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。