Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スマホ乗っ取りアプリの確認方法と対処法は?被害がヤバい?

日本を含む世界の14万台のスマホ乗っ取りの被害が発表されました。
遠隔操作で企業などを狙った大規模なサイバー攻撃に悪用されていたんですね。

自分の知らないところでスマホが攻撃ですよ!

今回のスマホ乗っ取りのアプリの
確認方法対処法今後の対策について
わかりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スマホ乗っ取りアプリとは

今回問題になっているのは
Androidデバイスを使っているスマホです。

Google Playから無料のAndroid用アプリをダウンロードして使いますよね。
その中になんとスマホ乗っ取りアプリが紛れ込んでいたようです。

Googleが、Google PlayからAndroid用アプリ300本を一斉に削除しました。

無料アプリとはいえGoogleもキチンと審査を通過して
Google Playで安全に使用できるようにしているんですよね。

その審査でバレないように無料アプリにマルウェアWireXを仕込ませて
巧妙にばらまいているんですね。
マルウェアWireXとはウィルスの一種です。

スマホ乗っ取りアプリの被害とは?

スマホを踏み台として特定のサービスへDDoS攻撃を仕掛けるのです。

なんのこっちゃ(*_*)ですが、簡単に説明すると
自分の知らないところで、自分のスマホと他の多くのスマホが
一斉にどこかの企業のサイトを攻撃しているようです。
主にアメリカの企業なんですけどね。
マルウェアWireXに感染しているとそんな事が起きるんですね。

またこのウィルスはランサムウェアとして
スマホを乗っ取り、ロックさせる動作が報告されています。
それで身代金を要求するという
とんでもないスマホ乗っ取りアプリの被害ということなんですね。

今すでのコンピューター上では第三次世界大戦が始まっています。
北朝鮮や中国がアメリカを攻撃してるんですよね。
それが原因ではないかと思うんですけどね。

WireXの活動が確認され始めたのは8月2日ごろからといわれています。
問題のあるアプリはすでに100か国以上の7万台を超える
Androidデバイスに拡散してしまっているため
すべての削除が完了するにはそれなりの期間が必要な状況です。

 

スマホ乗っ取りアプリの確認方法

一番簡単なのは今お使いになっている無料のAndroid用アプリを
Google Playのストアで検索することです。
インストール済になっていれば大丈夫ですが
もしもそのアプリ自体がない場合は
今回のGoogleが一斉削除した300本のうちの一つかもしれませんね。
直ちに削除するのが賢明でしょう。

セキュリティアプリでウイルス感染をチェックする

スマホの乗っ取りはマルウェア(ウイルスもマルウェアの一種です)に
感染させることで行われるケースが多いため、
こうしたマルウェアがインストールされていないかを
チェックすることはスマホ乗っ取り被害を調べるのに有効な方法です。

代表的なスマホ向けセキュリティアプリには
無料体験版が用意されています。
まずは体験版を利用してマルウェアの有無
(今回は乗っ取り可能性の有無)を調べてみましょう。
偽のセキュリティソフトも存在するため
有名なブランドのものが安全ですよね。

【Android】

マカフィー インターネットセキュリティ

ノートン セキュリティ

カスペルスキー セキュリティ

 

 

SNSなどネットサービスの不正使用を調べる

・Facebook
Android版ではFacebookアプリ画面の右上にある三本線アイコンをタップして、
その先は「アカウント設定」→「セキュリティ」の順にタップして遷移した画面に、
ログインの場所」という項目があるので、それをタップします。

Facebookにログインをした履歴情報が表示されます。

現在進行中のところに身に覚えのない場所やデバイスが表示されたら
第三者がログインしている可能性があります。

 

・Twitter
まずはご自身のツイートやダイレクトメッセージを確認して、
身に覚えのないツイートが投稿されていないか、
またはダイレクトメッセージが送信されていないかをチェックしてみてください。
Facebookと同様、Twitterのアカウントが乗っ取られているかといって
スマホが乗っ取り被害に遭っていることと同義ではありませんが
異常事態であることに違いはないので
パスワードを変更するなどの対策をとってください。

 

・Gmail
Gmailでは、普段利用していない環境からのログインがあると
メールで通知される機能があります。
その通知内容に心当たりがない場合は、
不正にログインされている可能性大なので、
スマホ乗っ取りの可能性も疑ったほうがよいでしょうね。

GmailはGoogleアカウントからログインするため、
Googleアカウントのログイン履歴を確認すると、
最後にログインをした日時が分かります。

この日時が身に覚えのない日時ではないかも確認したほうがよいでしょう。

 

身の覚えのないアプリがインストールされていないか調べる

定期的にインストールされている場合があるんですが
マルウェアが勝手にインストールしている場合もあるようです。
身に覚えのないアプリは削除した方が良いでしょうね。

 

動作や電池の消耗からスマホ乗っ取りをチェック!

マルウェア、ウィルスが勝手に動作している場合は
スマホの動作が重くなったり、電池の消耗が早い場合があるんですね。
なにかおかしいなと感じたら上記の確認方法で
スマホをチェックされてみると良いでしょう。


スポンサードリンク

スマホ乗っ取りアプリの対処法

アンインストールする

無料のアプリは信用ができないということですね。
身に覚えのないアプリは直ちにアンインストールして削除しましょう。

また使わなくなったアプリ、不要なアプリも
こまめにアンインストールした方がいいですよね。

そうすることで原因となるアプリの発見も早まりますよね。

けっこう必要のないアプリがたまってる場合があるんですよね。

スマホを初期化する

バックアップを取ったうえで行うのですが
そうでないとSNSなどのデータは消えてしまいますね。
原因が究明できない場合や改善できない場合は
いったんスマホを初期化して
出荷時のキレイな状態へ戻すのもありかもしれませんね。

スマホを買い替える

これは最終手段ですよね。
初期化しても動作が改善されない場合は
マルウェアのウィルスが感染しているのでしょう。
今後は仕事とプライベートではスマホを使い分けるなど
気を付ける必要もあるかもしれませんね。

 

スマホ乗っ取りアプリの対策は?

マルウェアに感染しないことが重要ですよね。
アダルトサイトの検索なんて危ないみたいですよ~
以下の点に注意してみましょう(‘◇’)ゞ

・不要なアプリをダウンロードはしない

 

・無料Wi-Fiを使用する場合は気を付ける

 

・セキュリティアプリをインストールして有効化する

 

・SNSやメールにある不審なリンクをクリックしない

 

・定期的にバックアップしておく

 

無料Wi-Fiなんですがアクセスポイントに
鍵マークがついていたら大丈夫です。
アプリのWi-Fiも無料は危ないんですね。
気をつけましょ~う。

 

まとめ

スマホの乗っ取り問題なんですが
ロックさせて身代金の要求なんて
ほぼ犯罪ですよね。
仕事でお使いのスマホなら
かなり被害は甚大です。

そうでなくとも全世界に7万台ほど
今回のサイバー攻撃で14万台と
すでにマルウェアが感染しているなんて
危ない世の中になってしまいました。

無料アプリのダウンロードなどに気を付ければ
今のところは大丈夫なようです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。