ヒカル【youtube】が金持ちになるvaluとは?違法じゃないの?

「VALU」に、【youtube】ユーチューバーのヒカルを含む
「ネクストステージ」と呼ばれる集団が参戦。

ファンなどが早速売買を開始して連日ストップ高まで上がるが
最後はとんでもない結末となってしまったようだ。

予想されているのは総額約10億円のお金がヒカルへ入るらしい

はたしてVALUでヒカルはさらなるお金持ちになるのか?
気になるその仕組みなど調べて分かりやすくまとめました。

ぜひご覧ください。


スポンサードリンク

 

【youtube】ヒカルとは?

ヒカル (Hikaru)(1991年5月29日 – )は、
日本のYouTuber、実業家である。
株式会社VAZの執行役員であり、NextStageの代表役員。
兵庫県神崎郡誕生。姫路市出身。
身長175cm。体重59kg。 血液型O型。

2016年3月18日ヒカルチャンネルを開設。
2016年11月5日 東京都渋谷区に事務所『NextStage』を設立した
そして同年の12月20日にヒカル(Hikaru)の
チャンネル登録者数が100万人を突破
YouTubeアカウントランキング8月月間登録者1位を記録した。

 

夜店の屋台のテキ屋で1回300円のくじを
15万円分買っても当たりのくじが出ないことを
動画にしていたのをご存じないだろうか?

 

最近では逆にくじを買ったら
PS4がすべて当たるテキ屋を自分で出店したり。

 

資金力が豊富で、大金を使うことで他とは差別化した
炎上系のユーチューバーですね。

 

ヒカル【youtube】が金持ちになるvaluとは?

VALU(バリュー)は、株式会社VALU(バリュー、代表取締役小川晃平)
によって運営されているフィンテックサービス。
名称の由来は「VAL(VALUE=価値) + U (YOU=あなた)」。
個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、
売りに出されたVAは自由に売買することができる。
VALUのサイト内だけで自由に売買できるということです。
取引は全てビットコインを用いて行われる。

 

簡単に説明すると
ビットコイン(仮想通貨)で寄付する仕組みです。

 

これはなかなか一般人には難しくて
有名人であればあるほど
寄付の集まり方は多いし話が早いんですよね。

 

今回ヒカルが売りに出したのは48000VA

(VAとは、株式で例えると株なんですが仮想価値とお考えください)

 

現在、ヒカルのVAは、1VA、日本円で約20000円の価値があるそうです。

単純計算で、48000VA×20000円で売り切れれば9億6千万円
ヒカルは、自分の口座にお金を移せることになります。

 

すべて売れれば約10億円のお金ですね。
なかなか新しいお金の仕組みができています。

 

これが新しい資金調達のプロモーションになる可能性があったんですね。
個人で10億円ですからね。


スポンサードリンク

 

ヒカルのvaluの参加者の声

損した人が多数いるようです。
はたして何かの動画でオチがあるのか
ただお金を稼ぐためだけの企画だったのか
今後のヒカルの動向に注目が集まっています。

 

このままだとただ信用を損なってるだけのように思うんですけど。

 

ちょっと金額が大きすぎるんですよね。
その割にはVALUにはまだ法整備がなく
株式のようではありますが
あくまで仮想通貨、仮想空間での出来事となっています。
今のところ法の外の出来事で
違法にはならないようですね。

まとめ

個人で10億円はかなりの金額ですよね。
VALUにも注目が集まるニュースかもしれません。

ただあまりヒカルのこんな企画
気持ちよくはないんですよね。
どこかで大問題になりそうだなぁと思ってます。

今後の動向に注目が集まってます。

最後までご覧いただきありがとうございます。


スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。