Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

米朝首脳会談の内容と日程は?シンガポールの経緯とノーベル平和賞は?

米朝首脳会談の日程と場所が決まりました
シンガポールに決定した経緯や
会談の内容について調べてみました

トランプ大統領はノーベル平和賞の受賞や
大統領選挙の再選を狙っているようです

金正恩の思惑についても

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

米朝首脳会談の内容とは?ノーベル平和賞へ?

3月下旬に訪中したばかりの金正恩
2018年5月7日に電撃でまた中国にやってきました

 

その間、わずか40日です
かなり急いでいますよね

 

そして異例だったのは金正恩が
政府専用機で中国を訪れたことです
飛行機の移動を避けていたと噂されていたんですが
なにかの予行練習なんでしょうか

 

翌日、北朝鮮でアメリカの国務長官の
ポンペオさんと会談
こちらも1ヶ月前に極秘会談したばかりです

 

そして次の日には
北朝鮮に拘束されていた
アメリカ人3人が解放されました

 

5月7日(月)金正恩と習近平の中朝会談
5月9日(水)アメリカ国務長官が訪朝
5月10日(木)アメリカ人3人が解放

 

5月の第2週はかなり激動の1週間になりました

米朝首脳会談の内容で
アメリカ側の要求なんですが
完全な非核化に加えて

IOCBや中距離弾道ミサイルも破棄しろ!
化学兵器も破棄しろ!
人工衛星も破棄しろ!
拘束している3人を開放しろ!

 

人質の開放は行われましたが
人工衛星の破棄とかはなさそう(T_T)

 

海外移住や核実験のデータ消去など
かなり厳しい交渉が続いているようです

 

これって要するにアメリカは強めに要求して
落とし所はもうちょっと優しくなりそうなんですよね

 

全ての要求に応じたら
もう北朝鮮ではないような感じです

 

かなり追い詰められているので
北朝鮮は中国に後ろ盾になってくれるよう
金正恩が習近平にお願いしています

 

これが5月の第2週の慌ただしい状況の原因です

米朝首脳会談の内容は非核化は当然で
それを北朝鮮にどこまで破棄させるのか注目です

 

米朝首脳会談の日程と場所のシンガポールの経緯は?

米朝首脳会談の日程は
2018年6月12日です

 

場所はシンガポールに決まりました

専門家の間では5月29日や6月3日ではないかと
日程が予想されていたんですが
6月12日に決定

 

まだもう一度、アメリカと北朝鮮で
実務協議が行われるようです

 

それで日程が延びたんですね

トランプ大統領の思惑は
日程が延びるほど大統領選挙に近づき
選挙戦を有利にすることが狙いです

 

あとはノーベル平和賞の受賞ですね
実績が得られるわけです

当初の予想では米朝首脳会談の場所は

1.平壌
2.板門店
3.モンゴルかシンガポール

 

この順番で予想されていたんですが
金正恩には選択権がなくて
トランプ大統領の思惑でシンガポールに決まりました

開催されるシンガポールなんですが
金正恩にはまだ不安があるようです

その1
専用機が5000km程しか飛べない

北朝鮮からシンガポールまで
飛行機では片道、4800kmです

38年前のソ連製で部品も供給されてなく
ちょっと危ない機体のようです

ボクは以前にアエロロシアに乗った経験があるんですが
かなりカタカタ~と音がする機体で怖かったです(T_T)

 

その2
パイロットが初めてのロング飛行

落ちたらアウト(笑)
マジで手が震えるってばよ~

 

その3
経済制裁中で現地給油ができない?

燃料がないってそもそも
飛行機が飛べるのかって話なんですが

予想では金正恩の専用機は中国に
寄って給油してから
シンガポールへ向かうようです

北京に寄ってから中国の飛行機に乗り換え
習近平と金正恩が一緒に
シンガポールに向かうといった噂もありますが

うーんこれは無さそうですけどね

 

米朝首脳会談が失敗すると戦争に?

アメリカのトランプ大統領は
かなり強硬な姿勢で北朝鮮に迫っていて
大統領選挙での再選とノーベル平和賞が狙い

 

金正恩はアメリカの要求に応えて非核化になっても
自身の体制維持ができるとは信用していなく
中国の習近平を頼って
後ろ盾になってもらうことを交渉しています

 

5月10日にアメリカ人の拘束者が開放され
米朝首脳会談の日程が発表されたのは
ある程度の非核化の内容が決定したからでしょう

 

なので今回の米朝首脳会談が行われる時点で
交渉の決裂や失敗はなく
戦争もありえないと思います

まぁ昨年の9月には予想できなかった展開です
軍事衝突があるかと思ったんですけどねぇ

今後は日朝首脳会談も開催されるのではないでしょうか
日本人拉致被害者も一日も早く取り返して欲しいです
あともうちょっとかもしれません

アメリカが拘束者を開放した経緯をみると
なんだか日本の交渉力のなさにがっかりします
拉致被害者のご家族もすでにご高齢なので
年内にどうにかしてほしいです(T_T)

まとめ

米朝首脳会談の内容とは?
トランプ大統領の思惑はノーベル平和賞の受賞や
大統領選挙の再選で
日程や場所がシンガポールになった経緯について
まとめてみました。

日米首脳会談が行われたことで
ノーベル平和賞?になるのはちょっとわからないんですが
とりあえず戦争は回避できそうです

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。