Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミサイル発射【11月29日】北朝鮮なぜ日本海に?目的はアメリカとの合意?

2017年11月29日
青森沖の250㎞付近の日本海へ
北朝鮮のミサイルが着水

飛翔時間が50分以上もあるミサイル

時間や種類と詳しい場所
そしてなぜ今、日本海に落ちたのか
北朝鮮の現在の狙いと目的を考えてみます

アメリカとの合意は叶うんでしょうか?
無理な場合はやっぱり戦争かな~
あと韓国は相変わらずトンチンカン

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(‘◇’)ゞ


スポンサードリンク

11月29日の北朝鮮のミサイル発射の時間や種類と場所は?

 

2017年11月29日午前3時18分
北朝鮮の西武から東の日本海へ向けて
弾道ミサイルが1発、発射されました

 

2ヶ月半ぶりですね
一般の反応はかなり薄いです
もう慣れてしまったのか( ;∀;)

 

ミサイル発射から飛翔時間が
約53分もあることがわかっています

 

これってロフテッド軌道で
大気圏を突き抜けてる
大陸間弾道ミサイルの
ICBMでしょう

 

高度:4000㎞以上
飛距離:1000㎞

 

3つに分裂する
火星15号と発表がありました

 

場所は青森県沖の250㎞の
EEZ付近の海に着水しています

 

「排他的経済水域(EEZ)」とは

沿岸国が天然資源・自然エネルギーの
開発・管理等を行う排他的な権利などを
有する範囲であり、領海の基線から
200海里(約370km)を超えない範囲で
沿岸国が設定している。

 

日本側を狙っているんですが
海の領海でもギリギリのポイントを
狙って落としています
失敗して着水したわけではないですね

 

そして日本側もキチンとミサイル発射の弾道を把握していて
Jアラートを発動していません

 

Jアラート発射情報

弾道ミサイルが 日本の領土・領海に「到達」
(落下または通過)する可能性が
生じた段階で使用される。

過去の「Jアラート発射情報」の使用例

2012/12/12 Jアラート発射情報 9:55 (発射 9:49頃 約10分後に通過)
2016/02/07 Jアラート発射情報 9:34 (発射 9:31頃 約10分後に通過)
2017/08/29 Jアラート発射情報 6:02 (発射 5:58頃 通過 6:06頃)
2017/09/15 Jアラート発射情報 7:00 (発射 6:57頃、通過 7:04~7:06頃)

 

※日本の領土・領海に到達する
可能性がない場合には
「Jアラート」を使用しない。

 

としています
今回の北朝鮮のミサイル発射で
新しいことが分かった次第です

 

11月29日に北朝鮮がミサイル発射を
日本海に向けた理由を
考えてみます

 

11月29日の北朝鮮のミサイル発射はなぜ日本海に?

 

北朝鮮がなぜ日本海へミサイル発射するのかというと

 

他にミサイル発射できる場所がないから

 

ですね( ;∀;)

 

太平洋ではなく日本海でJアラートもなりません
なによりアメリカとの問題になる可能性は低いです

 

北朝鮮のミサイル発射の目的は脅しですね
でも太平洋に落とすと危ない状況なんでしょう

 

この北朝鮮のミサイル発射に対して
お隣、韓国も日本海へミサイル発射!

 

オイオイ( ;∀;)
こっち向けるんか~い
他に発射場所がないんでしょうが
漁船とか大丈夫かね…

 

ICBMをロフテッド軌道で発射できる
技術が進歩してアメリカにも届くけど
飛距離はわざと短くしている状態です

 

通常の軌道でミサイル発射すると
1万3000kmは飛ばせるようです

 

ちゃんと大きな問題にならないように
キチンと脅しの段取りを踏まえていて
なおかつ北朝鮮の技術力を
最大限に見せつけています

 

2017年11月29日 午後0時30分
朝鮮中央テレビ「重大報道」によると

朝鮮民主主義人民共和国 政府声明 「新たに開発された大陸間弾道ミサイル 『火星15型』の試験発射が成功した」「大陸間弾道ミサイル『火星15型』は
アメリカ本土全域を攻撃できる
超大型核弾頭の装着が可能!」

 

だそうです
でも太平洋にはミサイル発射できないんです
危ないから

 

今後は北朝鮮の問題はどうなるんでしょうか


スポンサードリンク

11月29日の北朝鮮のミサイル発射の目的はアメリカとの合意を狙って?

夏ごろに北朝鮮が叫んでいたグアムへの
ミサイル発射は今後は無理っぽいですね

 

北朝鮮の交渉の段取りとしては
グアム→ハワイ→ワシントンのように
ミサイルの飛距離を伸ばすことでした

 

そのミサイル開発をしています
同時に核実験もセットですね

 

最終的には核ミサイルの配備が
北朝鮮の目的ですから

 

でも経済制裁が強化されて北朝鮮の選択肢は

1.餓死する

2.白旗あげて降参

3.戦争

この3つといわれてるんですが
11月29日のミサイル発射で
金正恩は降参することはなく
最後までチキンレースを
続けることが決まりました

 

一方でアメリカは北朝鮮と合意する意思はなく

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/09/donald-2075124_960_720.png” caption=”トランプ”]降参すればゆるしてやる[/baloon-line-left]

トランプ大統領はこんな姿勢ですね

 

すぐにアメリカが戦争することはなく
サージカルアタック(外科的攻撃)といって
先制攻撃も北朝鮮の後ろ盾である
ロシアの合意が必要です

 

アジア歴訪中のAPECで
トランプ大統領とプーチンの会談は
ドタキャンに終わったので
具体的な軍事行動はありません

 

この状況ってどこに落とし所があるのかわかりません
かなり物騒になってきました
ただ各国の首脳と関係が良好なのは
安倍首相だけなんですよね
ちょっとキーマンではあるのです

 

このままの状態では北朝鮮の国内が
もたないと思うんですけどね
脱北者が急に増えて
日本海沿岸にも難民が
チラホラと出ていますから
この冬にかなりの餓死者も増えるでしょう

それでも今回のミサイル発射は
北朝鮮の政府内にまだ余裕がありますね

 

これだけ金正恩が攻めるのは
亡命先が決まっているからなんですよね

 

自分の国、北朝鮮の国民のこととか関係ないって
こんな独裁ないでしょ~

 

これからアメリカとのにらみ合いが
まだまだ続くだけですね
日本は北朝鮮が暴発しないように
願いながら防衛力をあげていくだけでしょう
出費がかさみますね~

今後も日本海に北朝鮮の
ミサイル発射の機会が増えそうです

防災グッツや食料の記事はコチラ
戦争になったら必要なものや用意するものは?防災グッツは?
戦争になったら必要なものや食料や備蓄は?有事に備えてできることは?

専門家が厳選した防災グッツはコチラ
防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

 

まとめ

北朝鮮とのにらみ合いが続くと
日本は防衛のために
武器をアメリカから大量に
購入することになりますね

相場よりかなり高いらしい

そしてもし戦争になれば
費用は折半になる可能性も..

アベノミクスで景気も回復途中で
アメリカの軍事行動は
日本にとってかなり痛手です

金正恩は降参する気配はなし

今後はまだ国の出費が増えて
ストレスが溜まりそう

このやせ我慢状態はいつまで続くのか~
今後の動向に注目です

最後まで読んでいただきありがとうございました


スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。