中村奨成はドラフトでカープへ?出身や母子家庭は関係するの?

広陵高校の中村奨成選手が甲子園での
6本目のホームランを決めました。

その勝負強さと印象に残るホームランやプレイの数々。

ドラフト1位指名は確実と予想されています。

中村奨成選手は野球の実力以外にも
母子家庭で育ったエピソードも注目を集めていて
今後、地元広島カープへ入団するのか?
注目を集めています。

ちょっと早めの広陵高校、中村奨成選手のドラフトは広島カープなのか?予想と他の注目選手と比較をご覧ください。


中村奨成はドラフト1位指名の理由は?

走・攻・守の三拍子が揃った選手!
そのどれもが超ハイレベル
高校生離れした逸材ということで
話題になっている選手です!

50メートル6秒00の俊足!

高校通算44本塁打のバッティング!

セカンドまで最速1.75秒で送球できる強肩!

(プロでも2秒を切れれば強肩と言われる)

走ってよし!打ってよし!守ってもよし!
なかなかいないそうですよ。

 

広陵高校ではキャッチャーを務める中村奨成選手。
このポジションを始めたのは中学時代からだそうです。

遠投120mというすさまじい肩をしているので、
ピッタリなポジションですよね。

 

 

決勝戦が残っているので
本塁打の記録はまだ伸びそうですね

清原以来の甲子園6本塁打は
やはり特別な選手であることを
印象付けましたね。

中村奨成はドラフトでカープへ?母子家庭が理由で?

中村奨成は母子家庭で育ちました。
父親とは死別なのか離婚なのか
ハッキリしていないようです。

母と妹の3人暮らしだったんですね。

テレビのインタビューで
母に捧げるホームランと注目が集まり
試合で結果を残しているんですよね。

その母は地元広島カープの大ファン!

そのため中村奨成の母親は子供には絶対野球をと
みずからキャッチボールをしていたんだそうです。

その影響で中村奨成もカープファンであることが
予想されているんですね。

 

これはカープ入団決定か!と思いきや

広島カープ側からみると
地元の選手ってほぼ採用していないんですよね。

30年ほど前に地元出身の高卒選手を獲得したら
そのご親類がカープ後援会の有力者で
その選手を起用するように圧力を掛けてきて
問題になって以来

地元の高卒選手を獲得しなくなったと言われています。

信憑性薄いですけどね

中村奨成の母親なら問題ないですよね。
実家も近いし母子家庭なら都合が良いのではないでしょうかね。

今回は例外なので
地元の声や要望が高まれば
市民球団の広島への入団もありえますよね

っというか黒田みたいに広島から
世界へみたいになってほしいんだなー

他には広島は即戦力の投手をドラフト1位指名に
することが多いんですよね。

いやいや
経済効果や集客を考えたら中村奨成を
地元広島で育てていった方が絶対にいいですよねー。

ただ中村奨成の成長を考えると
他球団でも面白いですけどね。

そんな応援したくなる魅力や
エピソードが多いですね。

スポンサーリンク



中村奨成と他のドラフト注目候補者は?

中村奨成の他には3名の高校球児が特A選手として
注目を集めています。
これからプロとしてどう育って成長していくかですね。
今年はスター選手が生まれそうです。

 

石川 翔(青藍泰斗高校)
3年 178cm75kg 右投げ・右打ち
球速  151km/h
遠投 110m
50m走 6.5秒

普段は外野手だが投手としてマウンドに上ると、2年春季大会の高根沢戦では145キロを記録し、7回4安打6奪三振2四死球で無失点と好投を見せた。 変化球はカーブ、スライダー。

 

清宮 幸太郎(早稲田実業高校)
3年 184cm97kg 右投げ・左打ち
球速 138km/h
通算本塁打 107本

東京北砂リトル時代に通算132本のホームランを放ち、世界大会でもパナマ戦で2本塁打など5試合3本塁打を記録、中学時代は調布シニアで驚くほどの成績は残せなかったが練習で160m弾を打つなど桁外れのパワー

 

安田 尚憲(履正社高校)
3年 188cm92kg 右投げ・左打ち
通算本塁打 62本
遠投 96m
50m走 6.7秒

体幹がしっかりしていてどっしりとして力強いスイングで鋭い打球を放つ強打者で能力が高い選手!

 

最後にこの3人と比較するために中村 奨成のデータを

中村 奨成(広陵高校)
3年 182cm73kg 右投げ・右打ち
通算本塁打 42本
遠投 100m
50m走 6秒
セカンド送球 1.74秒

広角に長打が打てるバッティングと地肩の強さが魅力の能力が高い強肩強打のキャッチャー!

中村奨成はこの4人の中でもスゴいデータなんですよね
清宮 幸太郎の本塁打の数は凄いんですが
これからプロとして伸びるのか?
ちょっと疑問ですよね。

中村奨成と清宮幸太郎は9月にカナダで予定される
U-18ワールドカップ野球のメンバーに選出されています。

ここでの二人の活躍が期待されますね。

まとめ

甲子園の決勝戦、中村奨成の活躍が楽しみですね。
今後の海外の遠征やドラフトでの指名に注目が集まります。

スゴイ選手が現れましたね。
できれば広島カープに入ってほしいw

応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。