Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パリのデモはいつまでの予定?旅行のキャンセルや観光と場所の情報は?

パリのデモはいつまでの予定で
旅行のキャンセルや観光の場所の情報について調査!

デモ..かなり長引いています。
一体どの様に沈静化するんでしょう。

2019年の最新の情報も含め
わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

パリのデモはいつまでの予定?2019年の最新の情報は?

 

2018年11月
パリで始まったデモ「黄色いベスト」運動は
フランス全土へ広がっています。

 

デモの中心地はパリ、シャンゼリゼ通りです

 

このデモ、一体いつまで続くのでしょうか?

結論から述べますと
いつまでかわかりません』(TдT)

 

予定は決まってないですよね。
すいませんm(_ _)m

 

2018年の段階では12月のクリスマスくらいには
沈静化すると予想されていました。

 

2019年1月27日(日)の最新情報では
「赤いスカーフ」隊によるデモが発生!
パリのデモは11週目に突入..
かなり長い期間です

 


反政権運動の「黄色いベスト」に対抗して
赤いスカーフを着けた対抗運動が
新しく生まれた形になります。

 

パリのデモを超簡単にわかりやすく解説すると

エリートポンポンのフランス大統領
エマニュエル・マクロンの発言や政策に
反対する人が多数。

どうやら庶民の気持ちや生活がわからないらしい

ガソリン税がきっかけに不満が大爆発

反政権運動の『黄色いベスト』として暴徒化し
一部の過激グループは暴力行為や
衝突、破壊行為に発展。

それに嫌気がさした大人しい人々が
対抗して『赤いスカーフ』でデモ行進


これって泥沼化ムッシュー(TдT)

 

いつまで続くのかまだ見当はつきませんが
旅行や観光客は大丈夫なのか?
状況を調べてみました。

パリのデモで旅行のキャンセルは?観光客は?

 

結論からの述べると
フランスのパリでの週末以外は安全だと思います。

日本では馴染みがないと思いますが
私、メキシコに住んでいまして
デモは頻繁に行われています。

 

その経験を元にお伝えしますと
デモ隊にも普段の生活や仕事があります

 

24時間、ずっと怒りっぱなしで
アクティブな状態ではありません。

 

今回、フランス・パリの状況を調べると
デモが活発化するのは毎週土曜日です。

 

この時にパリ周辺やシャンゼリゼ通りなどは
交通封鎖が実施され、地下鉄もその周辺の駅では
停車しないように運行されています。

 

要するに週末のパリを避ければ
フランス旅行や観光は問題ないと思います。

 

実はこれからホテル代、飛行機チケットの
料金は比較的、安く手に入るのでは?と思うのです。

 

パリではテロもありましたが
決して紛争地域ではないのです。


この画像だけみると怖いけど(^_^;)

 

いつもの平穏なパリの状況と比べると
人もイライラした緊張状態で
危険なので、旅行はオススメしません。

 

もしも『もうチケット予約して買っちゃったよ~』
という観光客の方がいらした場合
危険な地域や場所ってどこなの?
ということを調べてみました。

 

観光客が気をつけるべきポイントは

週末のパリは特に危ない
郊外でも週末は出歩かない
暗くなったら外出しない

です(・∀・)

 

パリのデモで観光の場所の情報や地図は?

 

パリのデモが行われる週末と
場所を知ることができれば
観光できるんじゃないかと思います。

 

ちなみに2019年1月のパリ市内での
交通機関の運休状況では

 

パリ市内地下鉄運休情報
(以下の地下鉄駅は全て、停車せず、通過となります。)

地下鉄1号線:Tuileries 駅(チュイルリー庭園最寄り)
地下鉄1号線・8号線・12号線:Concorde 駅(コンコルド広場、シャンゼリゼ大通り入口最寄り)
地下鉄1号線・13号線:Champs-Elysees Clemenceau 駅(グラン・パレ、プティ・パレ美術館、アレクサンドル三世橋方面)
地下鉄1号線・9号線:Franklin.D.Roosevelt駅(シャンゼリゼ大通り上、モンテーニュ通り入口最寄り)
地下鉄9号線・13号線:Miromesnil 駅
地下鉄13号線:Varenne 駅

※いずれも観光名所、シャンゼリゼ大通り、
コンコルド広場、チュイルリー庭園、
ルーヴル美術館周辺を通る地域が中心です。

 

モロに観光のメインスポットですね
ちなみにルーブル美術館はかなり大きいから
一日では観ることはできないです

 

デモの規模によってこの辺りを中心に
運休する駅も拡大する恐れがあります。

 

デモの日によって(主に土曜日)
随時チェックする必要があります。

 

RATP(パリ交通公団)最新運行情報ページ

 

コチラはフランス語ですが
パリに観光される機会があれば
必ずチェックするよう心がけましょう。
フランス語がわからなくても
駅名や路線番号で危ない場所が
ある程度は把握できるようです。

 

まとめ

パリのデモはいつまでの予定で
旅行のキャンセルや観光の場所の情報について
お伝えいたしました。

いろいろ衝突が多くて大変ですが
安全に過ごせるように心がけましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。