Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

豚コレラの人への影響や感染は?読み方や豚肉を食べたらヤバイの?

「豚コレラ」の人への影響や
感染について調べてみました。

情報のソースは農林水産省の
ホームページからです。

また豚肉は食べたらヤバイのか?
これから値上がりするのか?

読み方についても詳しく
そしてわかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)


豚コレラの人への影響や感染は?

 

豚コレラは豚やいのししの病気なので
豚コレラ(トンコレラ)は人に感染しません

 

とはいうものの、なんだか怖いですよね
なかなか感染が終わりません。

 

日本では2018年の9月9日から岐阜で
豚コレラの感染が始まりました。


引用:農林水産省

2019年に入ると

曜日場所事例活動
1月8日岐阜4例目移動制限解除
1月11日岐阜5例目移動制限解除
1月15日岐阜6例目搬出制限解除
1月25日岐阜6例目移動制限解除
1月29日岐阜7例目確認

地図でみるとドンドン
広がっているようにも見えます


引用:農林水産省

豚コレラとは世界各国に分布しています。
ですが先進国の北米、オーストラリア
スェーデンなどでは清浄化を達成しています。

 

人への感染もないので安全ですが
地道にキレイにするしかありません。

 

おそらく年末年始から
農林水産省は休みが無く、大変そう(^_^;)

 

豚コレラは人間が感染するコレラとは
全く違う病気なので、人への感染や影響はありません。

 

病気の特徴としては、高い致死率が特徴

 

下痢や高熱などの症状で
数日以内に亡くなります。

 

感染に歯止めが効かないのも
この症状によるものかもしれません。

 

豚コレラの豚肉を食べたらヤバイの?値上がりは?

 

豚コレラの豚肉が出回ることはなく
人への感染もないので、今の所は安全です。

 

国民生活への影響として心配なのは
豚肉の値上がりではないでしょうか?

 

豚コレラの感染による殺処分で
豚肉の供給量が減って
値上がりしちゃうのかしら?
という心配です。

  • 北海道の地震による畜産物への影響
  • 台風の被害による影響など

生鮮食品はかなり値上がりすることが
予想されているので、豚肉よおまえもか!と
値上がりしたら厳しいですよね。

 

現時点ではそれほど大きな影響は無いようです。
なぜなら外国産の豚肉の割合も多く
感染は岐阜県内の一部の地域に留まっているからです。

 

ぷひーー

 

ただし、今後感染がどんどん広がっていくと
豚の殺処分や移動制限が多くなると
国産豚肉の供給量が減り
外国産の豚肉も含めて
値上がりする可能性はあります。

 

ぷひーー

 

2019年の豚コレラの報道内容には
注意が必要です。

 

豚コレラの読み方は?

豚コレラの読み方は「トンコレラ」です。

ブタコレラじゃダメなの?って思うんですけど
この読み方には2つの説があります。

 

豚コレラを間違わないように?

豚コレラ(トンコレラ)なんですが
とても名前が似た「ブタコレラ菌」があります。

豚コレラ(CSF)(トンコレラ)
ワクチンの普及によって平成4年を最後に
日本では発症例がありませんでした。

ウィルスによって豚やいのししだけが感染する病気で
人には感染しません。

 

ちなみに中国の「アフリカ豚コレラ」
(ASF)「アフリカトンコレラ」とは
形が違い別です。

 

感染経路が謎ですよね
なぜ岐阜なんでしょうね。

ブタコレラ菌
(Salmonella enterica subsp.
enterica serovar Cholerasuis)

サルモネラの一種で人とブタの両方に
感染性を持つ「菌」であり
サルモネラ感染症を引き起こします。

全く別物なんですね(^_^;)

またもう一方の説には、豚コレラは
明治時代になってから初めて確認された
「外国より侵入した家畜伝染病」なので
より外来のイメージを明確にできる
「音読み」が採用されたのではないか
という説です。

2つの仮説、どちらも納得のいく内容です。
「トンコレラ」と「ブタコレラ」では
人への影響が大きく違うことを覚えておきましょう。

 

まとめ

豚コレラの人への影響や感染について調査!
読み方が「トンコレラ」と「ブタコレラ」では
大きく違うので注意です。
豚肉を食べたら感染することは無いです。

とにかく豚コレラによる被害が
これ以上広がらないことをお祈りしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。