Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自民党総裁選2018の予想と候補者は?ポスト安倍と派閥の動向は?

2018年の自民党総裁選の予想や候補者について
わかりやすくまとめてみました。

ポスト安倍や派閥の動向についても
調べております。

安倍首相がそのまま3選なるのか
はたして強力な候補者は現れるのでしょうか

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

自民党総裁選2018とは?日程は?

自民党総裁選の日程は
2018年の9月20日(木)です

出馬の告示は9月7日(金)に決まります。

 

自民党は総裁任期を「連続3期9年」に延ばしていて
安倍首相の続投を前提に動いています

 

論点の一つに改憲があります
自民党は2017年の12月に
憲法改正の4項目について
論点を整理しています

 

法律上では2018年中に国民投票を実施することが可能です

 

自民党は最速での実施を目指していますが
島内の意見調整や連立の公明党や野党の一部から短期間で
同意を得るのは簡単ではありません

 

改憲は自民党総裁選においても重要な論点です

 

安倍首相はどこまで踏み込んだ発言をするのか?
注目を集めそうです。

 

でも国民投票ってかなり問題があって
過半数の賛成を得られなければ
政権が終わってしまう可能性もあり
なかなか現実的には難しい問題が
山積みですね

 

この国民投票の仕組みも変えてかないと
日本そのものが沈んでいくと
感じますけどね(T_T)
再興できるのか大問題が
2018年の自民党総裁選にも
関係しています。

 

なんだかここらで変わらないと
日本って滅んでいきそうなんだけど~

 

60歳以上の人たちはこのまま
逃げ切ればいいだけだからなぁ~

 

この他には外交・安保・北朝鮮の緊迫した状況が問題ですね

 

2018年も北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる問題で
北朝鮮は非核化に向けた対話はありえないので
事態はさらに緊迫していきます

 

アメリカは核の小型化で対決姿勢なので
どういった落とし所があるのか
軍事的な緊張感が高まる一方です。

自民党総裁選2018の予想と候補者は?

2018年1月の段階での
自民党総裁候補の予想です

安倍晋三 63歳 当選9回
戦略 国政選挙5回連続勝利の実績が強み
これを掲げて自民党総裁の3選を狙う
課題 長期政権への「飽き」がちょっとずつ浸透
地方票では1位を獲得して良くも悪くも安定感がある
石破茂元幹事長 60歳 当選11回
戦略 知名度の高さが武器で地方票が積み増し
安倍首相への批判を繰り返している対抗馬
課題 国会議員への支持が少ないので
他派閥と連携しないと勝ち目はない
岸田文雄政調会長 60歳 当選9回
戦略 安倍首相からの「政権禅譲」狙いですが
派内から出馬を求める声があり
課題 発信力が不足
外相時よりメディア露出が減ったのと
育ちの良いボンボンで棚ぼたを待ってるタイプ
 野田聖子総務相  57歳 当選9回
 戦略  女性活躍を旗印に支持を集め
政治塾の解説に向け準備中
かなり安倍首相にはライバル心がある印象
 課題  前回の総裁選では推薦人を集められず
出馬を断念(T_T)
規定の20人を確保できるのかが鍵です
 河野太郎外相  55歳 当選8回
 戦略  歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで
行動力に定評あり
国会議員の中に一定の支持層がある
 課題  役職に就くと政策である「脱原発」など
持論を封印する一面がずるいw
まだ出馬はしないんじゃないかなぁ
 小泉進次郎 筆頭副幹事長  36歳 当選4回
 戦略  突出した発信力を生かし
全国的に人気と支持を集めている
同僚議員からも期待が高い
 課題  経験を積んで自らを支える「腹心」
づくりが重要
安倍首相と菅官房長官みたいな関係ですねー

いまのところ石破茂氏は
2018年の自民党総裁選に出馬しそうです

野田聖子さんは断念

 

予想では安倍首相が3選を果たしそう
9月までに情報選も活発になりそうなので
注目です

自民党総裁選2018のポスト安倍と派閥の動向は?

自民党内の派閥はこのようになっています


引用:時事ドットコムニュース

 

安倍首相の支持母体は細田派の91名
派閥が強いですよねー

 

岸田派が石破派と合流するとの噂もありますが
他との連携もないと数で勝てない状況です

 

2018年の1月の段階から
石破茂元幹事長と野田聖子総務相が
総裁選に意欲を示していて
2015年に行われた総裁選のように
無投票にはならない見通しです

 

2018年になってアベマTVなどでは
ちょくちょく石破茂氏をよく見かけていて
色々考えてるんだろうなぁと思います

 

他の派閥が動くような
魅力的なビジョンや求心力は
まだ感じ無かったです

 

石破派って人数が少なすぎて
まだ勝てるような見込みも
動きもないですね~

 

今のところは安倍1強でしょう

 

3年後の総裁選で安倍首相から岸田文雄氏への
引き継ぎが裏取引されているとの噂も….
そこで岸田派は2018年は安倍首相の細田派と合流で
136名の安定の議席数

 

でも「派閥の論理」を優先した出来レースでは
安倍首相が勝っても自民党内での
求心力は高まらないので
自民党幹部は「出たい人はみんなでればいい」と
自由に決められているようです。

 

調べれば調べるほど
あまり夢がないなぁと感じてしまいます
この仕組みではなかなか変わりませんねぇ
対応も遅そうだなぁ~

まとめ

安倍首相の3選目で改憲や
外交・北朝鮮の問題などで
少し注目が集まりそうな
2018年の自民党総裁選の予想や候補者と
ポスト安倍と派閥の動向など調べてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

7 Comments

僭越マン

安部氏が勝利を勝ち取る可能性がある。安部総理としては色々な思いがあり総理大臣の集大成を成功で収めたい。従い、自民、公明、政権与党は全力で安部総理に昭恵夫人のこれまでのような言動の自粛、外遊先では夫人同伴を強いられる国に以外は総理と外交交渉陣営のみで臨んでもらいたい。そうすれば安部総理も集中して事にあたれる。それが安部総理大臣の集大成成功の鍵である。

返信する
匿名

今回のロシア、中国への外遊に昭恵夫人を連れていかなかった選択は正解。特に一連の昭恵夫人の言動で今まで国民を落胆させてきたが、そんな心配をする必要が無いので、外交交渉に集中出来た模様。プーチンの突然の返還抜きの平和条約締結に関してはプ-チン独特の駆け引きなので平然と構えれば良いと。

返信する
なかせいぎ

石破さんは都知事の小池さんと、さすが同じですね。
自分が地方創生相していたのに、なんの成果も出して泣く、
又、地方 地方と言っていますが、竹下元総理のように、地方に
1億円でも渡そうとしているんですかね、それと目つきが悪すぎ

返信する
匿名

おくればせながら、官邸より24時間昭恵夫人監視体制の警告がなされた。今までも自民党内、公明党山口党首からも昭恵夫人に対し公式な場で釘を刺してきたが、本人の昭恵夫人は政権与党を破滅させる行為を依然と止めようとしない。本当にいい加減にして貰いたい。

返信する
自民党応援団

晋三「昭恵!!!お願いだから、これ以上余計な事はしないでくれ」・・・旦那の言う事を聞かない事は目に見えている。ここは麻生大臣か二階大臣が昭恵夫人に鈴をつけてこれ以上政権与党に迷惑をかけたり、外遊先でスマホ自撮りや1日何回も着替えるような品格を問われることをしないように釘をさしてほしい。

返信する
日本道

安部現総理が総裁選を制するとの論調が多いが予断は許さない。石破氏が勝利を収めた場合でも極端に変化は無いと思われるが、国民としては安部政権に飽きてきていることは間違いない。加えて森友、加計問題などに対し決して国民は納得していないので、続投してもこの問題は引きずる。特に昭恵夫人の様々な問題に対してもブーイングが起こっていることは政権与党内も痛く感じており時限爆弾を抱えている状態である。つまり短命政権に不安を隠しきれない。安部総理は何としても昭恵夫人を国会に出させないように死守するかも知れないが、一連の昭恵問題の解決策は少なくとも谷女史を国会に召集させ事実を述べさすべきである。このまま何もしないで時間が解決してくれると読んでいるかもしれないが、国民はそんなに甘くない。今でもこの問題は消えることなく話題彷彿している事への認識をすべきである。やるべき事は山積しており日本丸を沈没させないよう疑惑問題は早く完全に解決させ前に進むべきである。

返信する
国民の声

仮に自民党総裁選で安部氏が勝利を収めた場合でも、国民から様々な批判を受けている昭恵夫人問題が勃発する。既に自民、公明より夫人に対し「自粛、謹慎」を警告されているにも関わらず聞く耳持たず。森友、大麻、怪しげな助成金団体などとの交流。薄ぺらい理由だけの原発反対、外交で海外に行けばスマホで自撮り、酒はやめられず空気を読めない。余計な事ばかりで政権を揺るがすお騒がせ暴走夫人で総理及び新政権陣営は短命に終わるだろう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。