自民党総裁選2018の予想と候補者は?ポスト安倍と派閥の動向は?

2018年の自民党総裁選の予想や候補者について
わかりやすくまとめてみました。

ポスト安倍や派閥の動向についても
調べております。

安倍首相がそのまま3選なるのか
はたして強力な候補者は現れるのでしょうか

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

自民党総裁選2018とは?

自民党総裁選の日程は2018年の9月です

 

自民党は総裁任期を「連続3期9年」に延ばしていて
安倍首相の続投を前提に動いています

 

論点の一つに改憲があります
自民党は2017年の12月に
憲法改正の4項目について
論点を整理しています

 

法律上では2018年中に国民投票を実施することが可能です

 

自民党は最速での実施を目指していますが
島内の意見調整や連立の公明党や野党の一部から短期間で
同意を得るのは簡単ではありません

 

改憲は自民党総裁選においても重要な論点です

 

安倍首相はどこまで踏み込んだ発言をするのか?
注目を集めそうです。

 

でも国民投票ってかなり問題があって
過半数の賛成を得られなければ
政権が終わってしまう可能性もあり
なかなか現実的には難しい問題が
山積みですね

 

この国民投票の仕組みも変えてかないと
日本そのものが沈んでいくと
感じますけどね(T_T)
再興できるのか大問題が
2018年の自民党総裁選にも
関係しています。

 

なんだかここらで変わらないと
日本って滅んでいきそうなんだけど~

 

60歳以上の人たちはこのまま
逃げ切ればいいだけだからなぁ~

 

この他には外交・安保・北朝鮮の緊迫した状況が問題ですね

 

2018年も北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる問題で
北朝鮮は非核化に向けた対話はありえないので
事態はさらに緊迫していきます

 

アメリカは核の小型化で対決姿勢なので
どういった落とし所があるのか
軍事的な緊張感が高まる一方です。

自民党総裁選2018の予想と候補者は?

2018年1月の段階での
自民党総裁候補の予想です

安倍晋三 63歳 当選9回
戦略 国政選挙5回連続勝利の実績が強み
これを掲げて自民党総裁の3選を狙う
課題 長期政権への「飽き」がちょっとずつ浸透
地方票では1位を獲得して良くも悪くも安定感がある
石破茂元幹事長 60歳 当選11回
戦略 知名度の高さが武器で地方票が積み増し
安倍首相への批判を繰り返している対抗馬
課題 国会議員への支持が少ないので
他派閥と連携しないと勝ち目はない
岸田文雄政調会長 60歳 当選9回
戦略 安倍首相からの「政権禅譲」狙いですが
派内から出馬を求める声があり
課題 発信力が不足
外相時よりメディア露出が減ったのと
育ちの良いボンボンで棚ぼたを待ってるタイプ
 野田聖子総務相  57歳 当選9回
 戦略  女性活躍を旗印に支持を集め
政治塾の解説に向け準備中
かなり安倍首相にはライバル心がある印象
 課題  前回の総裁選では推薦人を集められず
出馬を断念(T_T)
規定の20人を確保できるのかが鍵です
 河野太郎外相  55歳 当選8回
 戦略  歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで
行動力に定評あり
国会議員の中に一定の支持層がある
 課題  役職に就くと政策である「脱原発」など
持論を封印する一面がずるいw
まだ出馬はしないんじゃないかなぁ
 小泉進次郎 筆頭副幹事長  36歳 当選4回
 戦略  突出した発信力を生かし
全国的に人気と支持を集めている
同僚議員からも期待が高い
 課題  経験を積んで自らを支える「腹心」
づくりが重要
安倍首相と菅官房長官みたいな関係ですねー

いまのところ石破茂氏と野田聖子氏は
2018年の自民党総裁選に出馬しそうです

 

予想では安倍首相が3選を果たしそう
9月までに情報選も活発になりそうなので
注目です

自民党総裁選2018のポスト安倍と派閥の動向は?

自民党内の派閥はこのようになっています


引用:時事ドットコムニュース

 

安倍首相の支持母体は細田派の91名
派閥が強いですよねー

 

岸田派が石破派と合流するとの噂もありますが
他との連携もないと数で勝てない状況です

 

2018年の1月の段階から
石破茂元幹事長と野田聖子総務相が
総裁選に意欲を示していて
2015年に行われた総裁選のように
無投票にはならない見通しです

 

2018年になってアベマTVなどでは
ちょくちょく石破茂氏をよく見かけていて
色々考えてるんだろうなぁと思います

 

他の派閥が動くような
魅力的なビジョンや求心力は
まだ感じ無かったです

 

石破派って人数が少なすぎて
まだ勝てるような見込みも
動きもないですね~

 

今のところは安倍1強でしょう

 

3年後の総裁選で安倍首相から岸田文雄氏への
引き継ぎが裏取引されているとの噂も….
そこで岸田派は2018年は安倍首相の細田派と合流で
136名の安定の議席数

 

でも「派閥の論理」を優先した出来レースでは
安倍首相が勝っても自民党内での
求心力は高まらないので
自民党幹部は「出たい人はみんなでればいい」と
自由に決められているようです。

 

調べれば調べるほど
あまり夢がないなぁと感じてしまいます
この仕組みではなかなか変わりませんねぇ
対応も遅そうだなぁ~

まとめ

安倍首相の3選目で改憲や
外交・北朝鮮の問題などで
少し注目が集まりそうな
2018年の自民党総裁選の予想や候補者と
ポスト安倍と派閥の動向など調べてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。