【北朝鮮】ミサイルがグアムへ9月9日の建国記念日に?発射はいつなの?

2017年8月29日

北朝鮮の建国記念日である9月9日、
ミサイルがグアムへ向けて発射される可能性が高いと報道がありました。

金正恩、中止っていったじゃない…

またまたグアムへのミサイル危機です。
そもそも北朝鮮はなぜグアムを狙うことになったのか?
ミサイル発射後の展開も分かりやすく
シュミレーションしましたので
ぜひご覧ください。


スポンサードリンク

 

北朝鮮のミサイルがグアムへ発射するのはいつ?

予想されていた8月15日と8月25日には
ミサイル発射はありませんでしたね。

北朝鮮の小さいミサイル発射の報道があり
北海道・襟裳岬沖へも発射しましたが
まだまだ本番ではありません。

予想されている残された日は

9月9日(土)『建国記念日』

 

この日だけです。
現在行われている米韓軍事演習は8月31日まで

マティス国防長官は韓国防衛のための演習と表明していますが

真の狙いは北朝鮮の体制崩壊
金一族の抹殺が目的です。

これを喉もとで練習してますからね
月末までは北朝鮮も手出しができないんでしょうね。
アメリカの出方をよくみています。

9月からは空白期間になるので
ミサイル発射は十分可能性が高いですね。

 

加速度的に北朝鮮のミサイルの開発速度が上がっていませんか
精度と成功頻度も高いですよね。

これにはロシアが裏で開発を手助けしてるようです。

北朝鮮だけの技術ではないんですね

侮れませぬーー。

北朝鮮のミサイルがグアムへ発射される理由とは?

朝鮮が狙うアメリカ領「グアム」は

アメリカの準州・大統領の投票権はなく
面積 549キロ平方メートル
淡路島より小さいのです。

海外旅行では近場のリゾートとして有名ですよね。

 

軍事的拠点としてグアムは

世界最大級の弾薬庫なのです。

 

総額10億ドル(約1100億円)超の弾薬を保管
アジアや朝鮮半島有事には弾薬の供給拠点に

 

北朝鮮が恐れる重要兵器もグアムに配備されています。

地中貫通爆弾 「バンカーバスター」

全長6メートル
総重量 13.6トン
弾頭重量2.7トン

鉄筋コンクリートの地中でも
60メートルまで到達可能

これ地下に潜んでいるらしい
金正恩を狙っています。

 

戦略爆撃機「B-1Bランサー」

超低空飛行でレーダーに捕まらない
ステルス機能もあって超音速で飛行

マッハ1.25
全長45M
爆弾最大34トン
グアム→北朝鮮 2時間弱で到達

これをアメリカが飛ばすと
北朝鮮が攻撃を開始するといってるくらいヤバいらしいです。
レーダーに映っても速すぎて撃墜不能の飛行機です。


スポンサードリンク

 

北朝鮮のミサイルがグアムへ発射された場合は?

1.北朝鮮がグアムへミサイル発射!ドーン

2.アメリカは瞬時にミサイルの情報収集をして判断します

  迎撃か?

  反撃か?

  住民避難か?

3.判断を指令→北朝鮮の空爆開始

 ここで地中貫通爆撃バンカーバスターや
爆撃機 B-1Bランサーなどが使用されます。

4.北朝鮮は地下に潜む「長射程砲」
ロケットランチャーで反撃

ソウルを攻撃します。

 

5.韓国・米軍の被害想定→判断

空爆?

地上戦?

  北朝鮮侵攻?

6.北朝鮮の体制崩壊へ

アメリカはこのような想定を考えているようです。
今はコンピューターでシュミレーションするんですね。

 

北朝鮮側には攻撃の最弱~最強のレベルを調節

米韓側には作戦コマンドを入力して

シュミレーションを無限に繰り返してるんですね。
日本の情報は入ってないんですけど。

 

北朝鮮の反撃の範囲には日本も入っているでしょう。
今回はミサイルだけの想定になっていますが
日本には北朝鮮のスパイもかなり多いので
テロによる混乱も予想されています。

 

北朝鮮のミサイルの今後

グアム近海を狙う北朝鮮のミサイルは火星12号です。
本当はアメリカワシントン方面を直接狙うのが目的です。

ただそれはさすがにヤッベーぞ とわざわざ南のアメリカ領
グアムを狙うことにしているようです。
日本の頭上を通過させてね

 

グアムの次は火星10号でもっと飛距離を伸ばして
ワシントン方面に発射予定です。

 

それから核実験を成功させたら
核ミサイル保有で逃げ切れます。

 

アメリカと戦争するか
核保有の裏合意をするか

2択しかないんですよね。

 

北朝鮮はもちろんギリギリの駆け引きでアメリカに詰め寄って
核保有国と認めさせる裏合意を狙ってます。

 

トランプ大統領はここにきて
「なにか良いことが起こる」と発言しています。

金正恩が我々を尊重し始めているという事実を尊重する

あるかもしれないし

ないかもしれないが

恐らく何か良いことが起こるだろう

??これ何のことかまだわからないんですよね

可能性としては

安倍首相が北朝鮮へ電撃訪問!

これが噂されています

今の時期に行ったら本当に電撃ですけどね

どうかなぁ

日本も核保有するのかどうするのか?
選択を迫られている状況でもありますね。
どっちにしても北朝鮮の核ミサイルからは逃れられないです。

 

北朝鮮のミサイルの追記コーナー

8月29日に襟裳岬沖へ北朝鮮はミサイルの火星12号を発射しました。
ロフテット軌道といってロケットの様に大気圏外へ抜けて飛ばすタイプのミサイルを
水平方向で発射する実験だったようですね。

 

北朝鮮へのミサイル開発を援助している蜜月関係のロシアを考慮して
飛距離を半分にしたようです。

 

アメリカは北朝鮮がかなり嫌がっていたグアムの
戦略爆撃機「B-1Bランサー」を飛ばして威嚇しました。

 

次は北朝鮮のミサイルという順番です。

 

いったいこの駆け引きはどこまで続くんですかね。

まとめ

北朝鮮のミサイルがグアムへ発射するのは
金正恩はいったん中止と発表したんですが
まだ駆け引きは続いている状態ですね。

年内はまだ戦争はないと予想されているんですが
9月9日を過ぎてもしも来年になると
ますます緊迫した状況は高まるんですね。

仮に裏合意が成立して戦争がなかったとします。
核保有国になった北朝鮮は核ミサイルを中東に売るんですよね。

これは複雑な問題を未来へ先延ばしにするだけでしょうね。
かなり難しい決断が迫っておりまする。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


人気ブログランキング