Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【KOHH】タトゥーの意味は?背中・指・顔に歯と全身がヤバイ!

彼女とのインスタ動画で話題になった
ラッパーKOHHのタトゥーの意味を調べてみました。

背中や指や顔そして歯も変えていたり
全身がいい意味でヤバいKOHHさん

特に目立つ首元のモナリザには
センスの良いふかーい意味があるのです

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください。


KOHHのプロフィール

KOHH(コー)
本名:千葉 雄喜(ちば ゆうき)
1990年4月22日生まれ 27歳

日本のヒップホップMC。
日本だけにはとどまらず、海外でも注目されている
日本人ヒップホップアーティストの一人なんですが
韓国人のハーフなのだそう。

2016年にFrank Oceanがリリースした曲、
『Nikes』のマガジンバージョンで
KOHHが客演をしており、一躍注目を浴びた。

今回私が知ったのはこの話題だったのです
[blogcard url=”https://magochan.com/kohh/”]

KOHHのオフィシャルサイトでは
海外向けに情報発信されていて
今後も世界的に活躍が期待されているラッパーです

KOHHの髪型や服装などのファッションは
10代~20代の若者を中心に支持され
度々話題になるのですが
特に目を引くのは全身のタトゥーではないでしょうか

KOHHは全身にタトゥーを入れており、また、
歯にGrillzというアクセサリーを装着している。
また、髪を青く染めたことも話題になった。
まさに生きる芸術品である。

こんなコメントもあるくらい…

全てのタトゥーは紹介することができませんが
KOHHの考えや思想のポイントとなる部分の
タトゥーをご紹介いたします
[blogcard url=”https://magochan.com/kohh-3/”]

KOHHのタトゥーが背中・指・顔に歯と全身がヤバイ!

中学2年生に自分で初めてタトゥーを入れたKOHH
「タトゥー入れたい」の歌詞にあるように
かなり思い入れは強いそう

元々は彫り師になりたかったらしく
手や太ももなどに入れてるタトゥーは
自分で彫ってるそうです

そうじゃないとなかなかここまで増えないですよね

画像でみてみると

KOHHのタトゥー画像

 

いやー全身タトゥーはやばいっすね
基本的にKOHHは自分が衝撃を受けたものを
全身に刻んでいる、彫っている、記しているような
感覚なのだそうです
ちょっとしたメモ帳ではありませぬ
心を揺さぶられたメッセージなのです

手の指や背中のタトゥーそして歯も変えてますね

その中でも気になった部分のタトゥーの意味をご紹介します

 




KOHHのタトゥーの意味は?

KOHHのタトゥーで一番目立つのがこの喉元の
モナリザではないでしょうか

マルセル・デュシャンの『L.H.O.O.Q.』と
「合掌」と「YELLOW T20」のデザイン

アマゾンではタオルも販売されていますが
現在は売り切れ中です

『L.H.O.O.Q.』題名をフランス語で発音すると
「エラ・ショ・オ・キュ(elacho o ku)」となり、
「Elle a chaud au cul(「彼女はお尻が熱い」、
つまり「性的に興奮した女性」といった意味)
という文章になります

だから何なの?って感じなんですが
要するに歴史的に美しいと崇められる
レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」に髭をつけくわえ
タイトルに「あいつも女なんだぜ」と新しい見方
価値を提供した作品です

 

マルセル・デュシャンはこうやって遊び心で
美術史に新しい概念を巻き起こしたアーティストで
今に続く現代美術・コンテンポラリー・アートの
礎を築いた父なのです

この精神性が2018年の現代に蘇るのは凄いですね~

この他にもKOHHのタトゥーは額に
マルセル・デュシャンの作品を引用した「R・MUTT 1990」

本来の作品では「泉」と題して
展覧会に男性用小便器を出品しました

そのサインが“R.Mutt”で作成年である“1917″と一緒に

絵の展覧会に便器を出品して
ゴミと間違えられ撤収されたんですが
のちに歴史的な作品になったのでした

このシリーズはレディメイドといわれ
“既製品も立派な芸術やんけ!”と
緻密な戦略の元ちょっとした遊び心で
既成概念を破壊しようという試みが
アートとして高い評価を得ています
これは世界の共通言語です。

ボク的な解釈でKOHHのタトゥーの意味は

オレは世の中の常識に囚われたくない
自分らしさを追求していくぜ~

こんなKOHHの生き方、精神性を表しているのではないでしょうか

歌詞そのものに強いメッセージ性や意味は込めないで
心地の良いメローなノリを追求
その裏側にある生き方や文脈が重要なのかなと

ここが若い人を魅了するのかもしれません
全身のタトゥーがまさに生きる芸術品といわれる所以ですね

 

KOHHのアルバムはコチラから

2014年にデビューしてから

1st『MONOCHROME』2014年7月30日
2nd『梔子』2015年1月1日
3rd『DIRT』2015年10月28日
4th『DIRTⅡ』2016年6月17日

アルバムをリリース
KOHHの世界観や曲が気になった方は
実際に聴いてみるといいですね
全身のタトゥーは今後もブランド力が強そう

 

まとめ

KOHH のマルセル・デュシャンのタトゥーはセンスあると感じました
アート好きにはたまりませんww(*´Д`)ハァハァ
生き方そのものもブランディングしていく能力がすごそう
個人が発信して個人に届ける時代にマッチしてると思うのです
これからさらに注目を集めるかもしれません

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。