貴ノ岩の診断書は宮城知也医師が?貴乃花親方のあやしい行動とは?

2017年11月18日

日馬富士事件で日馬富士の
暴行があったことは
ハッキリ決定しましたが、
まだまだ被害届や入院など日程で
不可解な点が多いです。

今回は診断書の疑惑について

貴ノ岩は頭部を骨折してなかったようで
入院した病院の診断書をもう一度調べてみました。

貴ノ岩の診断書を作成した医師は
福岡済生会総合病院の宮城和也医師。

よく読むと「骨折」の疑い..との表記らしいです

っとなると貴乃花親方の行動があやしいのか

これによって横綱・日馬富士は
引退と逮捕を回避する可能性も

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください<(_ _)>


日馬富士事件の時系列で貴乃花親方があやしい?

 

やはり日馬富士事件の時系列をみると
不可解で不明な点が多いのです

日馬富士事件の時系列は?

10月25日 日馬富士が貴ノ岩に暴行
10月26日 鳥取巡業に参加 29日まで貴ノ岩は元気な姿
10月28日 広島市内の病院で診断書を作成 裂傷
10月29日 貴乃花が鳥取県警に被害届を提出
(広島市内の病院での診断書を提出)
11月2日 日本相撲協会 警察から連絡で初めて問題を把握
11月3日 日本相撲協会 両親方に電話で聞き取り
11月6日 貴ノ岩が福岡市内の病院に入院
11月9日 退院  病院の診断書の日付
11月10日 日本相撲協会が貴ノ岩の休場を発表 診断名は未発表
11月13日 日本相撲協会に診断書を提出
11月14日 日馬富士が休場届提出
11月15日 日馬富士 福岡→東京→福岡の帰京
(北村晴男弁護士に依頼)
11月17日 日馬富士を任意で事情聴取

貴ノ岩と貴乃花親方がまったくコメントありませんね
貴乃花親方の行動があやしいのでしょうか

 

貴ノ岩のケガについて考えてみると

 

・大怪我を負ったはずなのに
その場で救急搬送されなかった

・日馬富士の暴行から入院まで10日も経過

・貴ノ岩の被害届は10月29日に提出なのに
 2度目の診断書は11月9日に

などなど
なぜ入院や診断書が遅れているのか
診断書が2枚も存在するのか
不可解で不明な点が多いのです

この2度目の病院の診断書をもう一度よくみてみます

 


引用:スポニチ

貴ノ岩の診断書は宮城知也医師が?

警察の調査によると貴ノ岩は
頭部を骨折していないらしい

 

じゃあ新聞の第一報はなんだったの?
病院の診断書の内容はウソなのかな?

 

っということでもう一度
貴ノ岩の診断書を確認してみることに

住所:東京都江東区東砂3-21-18(自宅マンションらしい)
氏名:アディア パーサンドルジ
生年月日:平成2年2月26日病名:#1脳震盪、#2左前頭部裂傷、#3右外耳道炎、
#4右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで、
全治2週間程度と考えられる付記
上記傷病にて平成29年10月26日に受傷し
11月5日より11月9日まで
当科入院加療を実施しました。
全治2週間程度と考えられます。
その間に状態が安定すれば、
仕事に復帰が可能と思われます。以下、余白。上記の通り診断します。
2017年11月9日
福岡県済生会福岡総合病院
医師氏名 宮城 知也 印(ベテラン脳外科専門医)

 

ベテラン宮城知也医師は
福岡県済生会総合病院の
脳神経外科の主任部長で
専門分野は頭部外傷、脳神経救急

 

この病名はすべて

1.脳震盪の疑い
2.左前頭部裂傷の疑い
3.右外耳道炎の疑い
4.右中頭蓋底骨折の疑い
5.髄液漏の疑い

と表記を考える必要がありそう

 

福岡県済生会総合病院は
しっかりした病院なので
医師の診断が間違いではなく
診断の病名はすべて軽症

 

入院も脳検査のためだったのかもしれない

 

10月29日に警察に提出した病院の
診断書は脳神経などの専門家ではなく
軽症と判断していたのではないだろうか

 

どちらかと言えば
その診断書はあまり詳しくなかったのかも

 

貴ノ岩は重症ではなかったようで
警察の骨折ではない報告と
この宮城和也医師の診断書の整合性はある

 

ただこの疑いの書き方が
ちょっと曖昧でわかりにくいですけどね

 

頭部骨折を報道で
かなり大きく騒ぎすぎたのかも( ;∀;)

相撲協会もこの診断書を見て
貴ノ岩の休場を認めているよね

スポンサーリンク



貴ノ岩の診断書で貴乃花親方が怪しい?
日馬富士は逮捕と引退は回避?

っというわけで実際、日馬富士の
暴行はあったんですが、
骨折が無ければ
ビール瓶を使用しなかったのかも…
まだわからないけど

 

日馬富士の暴行の翌日から
貴ノ岩は地方巡業に参加していて
29日まで無事に行っている

 

貴乃花親方の行動があやしいと思われるのは
相撲協会に報告する前に
警察に被害届を先に出してしまって
その時の病院の診断書は軽症だったこと

 

後から休場するためにより詳しい
診断書が必要になり
脳神経の専門である
福岡済生会総合病院で入院し
宮城和也医師の診断書を受けとったのだろうか

 

警察の被害届(軽症)

病院での入院(軽症だけど記入が曖昧)

診断書の提出

九州場所休場

という流れなのではないだろうか

もう一度時系列に
貴乃花親方のあやしいとされる行動を
妄想ではめ込んでみる

10月25日 日馬富士が貴ノ岩に暴行
10月26日 鳥取巡業に参加 貴ノ岩は軽症
日馬富士に「昨日はすいません」と
誤って本人同士は和解している
10月27~28日 階段で転んだウソがバレる
貴乃花親方激怒!
「日馬富士の野郎、貴ノ岩はわいの息子やどぉ~」
10月29日 貴乃花が鳥取県警に被害届を提出
(この時にも診断書は提出されているが別の病院で)
11月2日 日本相撲協会 警察から連絡で初めて問題を把握
協会のみんな→え?貴乃花親方まじで?
11月3日 日本相撲協会 両親方に電話で聞き取り
(おそらく被害届の引き下げ願い)
11月4~5日  被害届に関して相撲協会と関係が悪化!
貴乃花親方徹底抗戦の構え!
今場所は休場|ω・`)ノ ヤァ
11月6日 貴ノ岩が福岡市内の病院に入院
11月9日 退院  病院の診断書の日付
11月10日 日本相撲協会が貴ノ岩の休場を発表 診断名は未発表
11月13日 日本相撲協会に診断書を提出
11月14日 日馬富士が休場届提出

もしかしたら11月3日あたり
相撲協会からの貴乃花親方へ
被害届を引き下げてほしい
そんな連絡はあったのかもしれない

 

それでも日馬富士に対し
貴乃花親方は息子の様に育てた
貴ノ岩への暴行が許せなかったのだろう

 

貴ノ岩はそんな貴乃花親方の
性格を知っていて「階段で転んだ」と
ウソをついたんだと思う
親方思いのいいやつだなぁ

 

本来なら当人同士で収まっていた騒動

 

相撲協会とはなんらかのやり取りがあって
被害届を引き下げたくない
貴乃花親方は「ゆるせねぇ」と急いで
貴ノ岩を入院させて
診断書を作って
九州場所の休場させたのでは?

 

10月29日の診断書では
貴ノ岩は九州場所の休場は
出来なかったのかも

 

貴乃花親方があやしいと感じるのは
貴ノ岩が軽症でも日馬富士の暴行が許せなく
徹底抗戦の構えになったことが真相かもしれない

 

結局事態はかなり大きくなってしまっている

 

日馬富士の暴行事件は確かにあったけど
貴ノ岩のケガはそれほど重症では
なかったようす。
実は休場しなくてもよかったかも

 

当事者の貴ノ岩は10月27日あたりに
日馬富士と和解はすんでいたようだ

 

それは福岡県済生会福岡総合病院の主任
ベテラン宮城知也医師の
診断書をみてもわかる

 

診断書のすべての症状が
疑いという表記だったのね( ;∀;)

 

骨折の疑いって….
しかしこんな診断書ってありなのかな

 

貴乃花親方のコメントは一切ないので
診断書が独り歩きしてしまっている…
あとビール瓶で殴ってなさそう

 

これによって日馬富士の今後は

1.相撲協会のなんらかの処分

2.横綱のはく奪

3.廃業・引退

4.逮捕

5.強制国外退去

この中で1の相撲協会の厳重な処分で終わりそう
被害届がどのようになるのか
警察次第かもしれない

11月15日の東京への日帰りでは
あの北村弁護士に弁護の依頼をしたらしい
日馬富士。

引退と逮捕は回避しそう

 

まだ日馬富士事件に注目が集まります

 

まとめ

あらためて宮城和也医師の
診断書を調べてみました

日馬富士事件ではやっぱり
暴行事件があったのは
事実なのに
なぜか貴乃花親方のあやしい行動で
相撲協会との確執に発展しそう

ただここまで世間を騒がせた
日馬富士は引退や逮捕を
免れても今後の現役生活は
かなり厳しいものになりそう

今後に注目です
最後まで読んでいただきありがとうございました