煽り運転対策で警察の通報とステッカーは?ドライブレコーダーの格安は?

2017年10月31日

煽り運転対策でステッカーや
ドライブレコーダーに注目が集まっています。

正しい対処法や警察への通報する方法
効果的なステッカーの選ぶ基準や
格安でも性能が良いドライブレコーダーをご紹介

煽り運転対策について
分かりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください


スポンサードリンク

煽り運転対策で警察への通報方法は?

一般道でも高速道路でも
煽り運転をしつこくされて
自分の身や同乗者に
危険を感じた場合は
警察に通報することが重要です

 

一般道の場合

一般道では路肩に車を停車することが
可能ですよね。
落ち着いて一度車を止めてから
中からしっかりドアロックをかけましょう

 

もしも煽り運転の相手が下りてきた場合でも
車から出てはいけません
出ないことで安全が確保されますよね

 

必ずドアロックをかけて
車内から警察へ通報することが重要!

 

車の中からカーナビや交差点名
電柱の住所やコンビニなどの
目印を確認して
何処にいるのかを
正確に警察へ知らせることが大切

 

夜だとわかりにくくて難しいですね
ある程度運転中も
どこを運転しているか
意識しておくことが
重要かもしれません

 

いつも運転する道だと
あまり迷うこともなく
煽り運転される可能性も
低いのかもしれませんね

 

車内では電話が終わっても
警察に通報している態度を
ずっと維持した方が効果的です

 

あまり相手と向き合わないことですね
無視するぐらいがちょうどいいと思います

 

高速道路の場合

高速道路で煽り運転をされる場合
大半は一番右にある
追い越し車線を走行中が
多いのではないでしょうか

 

かなりのスピードで後方から近づく車両が
ライトをピカピカとパッシングや
車を左右に蛇行したりする煽り運転も

 

もし車線変更が安全にできる場合
しっかりとウィンカーと出して
相手に知らせてから
ゆっくり車線変更しましょう

 

後方にいる煽り運転の車に対して
急ブレーキや
エンジンブレーキは絶対にやってはいけません

 

煽り運転の煽りになっちゃいます( ;∀;)
事故の要因にも

 

相手は逆上してますます
煽り運転が激しくなっちゃうんですね

 

スビードを上げて後方から
煽り運転する相手は
先に行きたいので
ずっとどかないことも
相手は逆上しますね

 

煽り運転の相手が
しつこく追いかけてきた場合も
警察に通報することができます

 

一般道と違って
警察に知らせる場合なんですが

 

高速道路には中央分離帯や
外側のガードレールに
○○kp(キロポスト)という表示があるんですね

 

あとは高架にある高架名や
トンネル名やバス停などです

 

警察に通報する場合は
高速道路名と行先、方面
○○kp付近を通過中と
連絡すると大丈夫です

 

高速道路は路肩でも停車は危険です

 

そして安全な速度で走りながら
落ち着いて連絡することが重要ですね。

 

その場合は警察の指示にしたがうことが大切です

 

近くの停車する場所も
教えてくれるでしょう

煽り運転対策でステッカーとは?

煽り運転対策のグッツでは
ステッカがメインになります。

 

対策なので煽り運転にあわないように
予防する形になりますね

 

色々とふざけたようなデザインも多いですが
ドライブレコーダーと同時に使用したら
効果的だと思います

 

そこでステッカーを選ぶ場合に

伝えわりやすい

目立つ

煽り運転を抑止するデザイン

 

これらの点に気を付けて
煽り運転対策のステッカーを選ぶと
効果的ではないでしょうか

 

見る人が煽り運転をやめたくなるのが
ステッカーでの抑止になりますよね

 

ステッカーに気づいてもらわないと
自己満足で終わってしまいますから

 

シンプルで目立ちやすく
ライトで反射して
夜にも目立つステッカーが
効果的ではないでしょうか

運転中なのでシンプルに
目に入るステッカーが効果ありますよね

 

価格は一番格安で431円から
1000円前後が一般的です

 

シールを剥がすのが嫌な方は
マグネットタイプもあるので
そちらを購入されてはどうでしょうか

 


スポンサードリンク

 

煽り運転対策でドライブレコーダーの格安はいくら?

煽り運転の効果的な対処法で
ドライブレコーダーで録画中であることを
相手に伝えることや
同乗者がいる場合はスマホで撮影することが
考えられますね

 

万が一事故につながった場合は
動画は証拠になりますので
記録することは重要ですね

 

車に何かされた場合は
相手のナンバーを必ず控えてください

 

煽り運転されても防御に徹することですね
あとで法的裁きを実行できるので

 

相手を攻撃しないようね
冷静に対処しましょう

 

ドライブレコーダーなんですが
煽り運転の対策では前方のカメラが
重要かなと感じます

 

後方や360度撮影するドライブレコーダーもあるんですが
高いですね

 

格安なドライブレコーダーではこの機種

コムテック COMTEC HDR-112MG
価格は10,901円

いまのところドライブレコーダーでは
一番の格安で性能も良いようですよ

画質も問題ないですね

 

ただ炎天下の駐車で
日に当たりすぎると
変形する問題もあるようです

 

取り扱いにはご注意を

まとめ

煽り運転を受けた場合に
理不尽な行為でも
逆に相手を煽らないで
冷静に落ち着いて対処することが大切ですね

 

ステッカーで予防して
ドライブレコーダーで記録

 

そして警察に通報したら
ある程度身の安全は確保できると思います

 

危険な人物に対しては
冷静に対処して
安全に過ごしたいですね

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました