真木よう子は旦那と離婚も子供を預けてる?彼氏と破局の噂は?

コミケの参加騒動やツイッター削除など
問題続きだった女優の真木よう子さん

週刊女性で新彼氏が発覚しました

離婚後は元旦那に子供を預けながら
彼氏との夜のお食事と報道されているんですが
すでに破局しているのだそうです。

旦那との離婚後の生活や
彼氏や子供の子育てはいったい
どうなっているのか

わかりやすくまとめましたので
ぜひごらんください。


スポンサードリンク

真木よう子は旦那と離婚の理由は?

 

真木よう子さんの元旦那は片山怜雄さん

2008年に結婚した真木よう子さん
6年10か月の結婚生活を経て
2015年の9月に離婚したんですね

 

離婚の理由や原因は
真木よう子の生活や
男関係といわれています

 

演出家の長塚圭史さんとの浮気問題は有名でしたね
2012年に居酒屋デートをフライデーされています

 

他には共演俳優たちと
毎日のように深夜まで
飲み歩いている様子が
頻繁に目撃されているんですね

 

かなり男っぽい性格と
いわれている真木よう子さん

 

女優として一家の大黒柱ですので
旦那に愛想がついたら
そこで結婚生活は終わりですよね

 

わりと早い段階から離婚の噂はあったんですが
子供が小学生に上がるまで
苗字が変わらないように
離婚をためらっていたのでは
ないかとの噂があります。

 

冷めた状態での
結婚生活を続けるって
けっこう地獄だったでしょうね

 

女性が稼いで旦那が専業主夫の家で
あまり上手くいったのって聞かないんですが

 

どこかで男を頼りにするのが
女性の本心なんじゃないでしょうかね

 

真木よう子は離婚後も子供を預けてる?

 

元旦那の片山怜雄さんは
真木よう子さんと結婚を機に
小説家を目指していたそうです

 

リリー・フランキーさんに弟子入りし
執筆活動を行っていたそう

 

まぁそれも中途半端に終わって

 

真木よう子さんが女優業に専念する一方で
片山怜雄さんは家事・育児をすべてやっていたんですね

 

逆転夫婦というか格差夫婦ですね

 

片山怜雄さんは専業主婦なので
マスコミからはヒモ亭主と
書かれていたようですよ

 

バーで働いていた経験もあって
料理が上手だったそうです

 

オムツ替えから買い物、食事、家事
ほとんどが旦那の片山怜雄さんがやってたんですね

 

ただ今回の女性自身の報道で
真木よう子さんは離婚後も
子供を預けてたんですね

 

親権は真木よう子さんにあります
親権って親がきちんと子供の面倒をみる
子供の権利ですよね

 

たしかに結婚生活で食事や家事など
なーにもやっていないなら
真木よう子さんは
ほぼ子育てする能力がないのかも
しれませんね。

 

仕事優先で女優業が忙しいとはいえ
育児放棄と受け取られても
しょうがないかなと
感じました

 

子供の面会権でも問題になる昨今
かなりサバサバした
離婚後の関係にもみえますね

 

ただ夫婦として一緒に生活することはできなく
ポーンと子供だけは預けられる
関係なんでしょうかね

 


スポンサードリンク

 

真木よう子の現在は彼氏と破局?

 

10月17日の女性自身では
真木よう子に新彼氏がいることが発覚

 

新彼氏は飲食店をいくつも経営する
イケメンの実業家のA氏です。

画像ではかなり長身で
筋肉質な感じですよね

 

2017年の9月中旬の夜に
A氏の店に真木よう子が訪れ
2時間ほど食事をして
帰ったそうです。

ただの食事だけですよね

 

A氏へ直接質問したところ
真木よう子とは2017年の1月から交際していたが
2017年の6月に破局したそうです

 

新彼氏ではなく元彼氏なんですね

 

子供を元旦那に預けたまま
元彼氏に夜あってるのは
どうなんだろうと
疑問に感じますよね

 

子供はあまり大切にされてなさそうだな(‘Д’)

 

ちなみに真木よう子さんの子供は
女の子で2009年の5月生まれ

 

現在は小学生で
幼稚園から大学までの一貫校
和光小学校へ通っているようです

 

送り迎えはずっと元旦那なんでしょうね

 

離婚後もそうなってるのは
女性の敵を作りそうですね
母親としてはどうなんでしょうね

 

男っぽいといえばそうなのかな
なんだかなぁ

 

女優としても母親としても
両立させないといけないんですよね
世間体的には

 

どちらかだけ頑張っても
無責任な人としてイメージダウンするのかな
そう感じました

まとめ

なにかと問題になる真木よう子さん
普通ならば夜に二人きりで出会うのも
母親なら控えるべきですよね

独身なら問題ないんですけどね
本人はあまり気にしてなさそう

それがまた火に油を注ぐことに
ならなければいいなぁと感じました
なんかまた叩かれそう(‘Д’)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました


スポンサードリンク