【南岸低気圧 2018】1月のコースや天気は?大雪の警報で影響は?

2018年1月22日(月)大雪の警報で交通の影響が心配されています
原因の南岸低気圧のコースや全国の天気を調べてみました。

雪はそれほど積もらないと思うのですが
外出される方は気をつけましょう
わかりやすくまとめましたので
ぜひごらんください。

【南岸低気圧 2018】1月のコースは?

2018年1月22日(月)は西からの低気圧が
急速に発達しながら、本州の南岸を通過し
雨や雪のエリアが広がります。

 

今回の南岸低気圧は2015年の時よりも
まだ規模は小さいようです。

 

大雪の警報ではどれくらいの積雪なのか
ちょっと曖昧な表現に伝わっているようです。
現在のニュースでは5cm~10cmの積雪が予想されています。

 

10cmでは大雪とはいえないような…

 

普段雪の降らない関東も帰宅時は大雪となって
交通機関に大きな影響の出る恐れがあるので
厳重な警戒が必要ということだそうです。

スポンサーリンク



【南岸低気圧 2018】1月の全国の天気は?

関東甲信越

関東南部は午前中からニワカ雪の可能性があり
北部や甲信は段々と雪が降り出します。

外出に気をつけるといっても月曜日です
出勤される方はスノータイヤに取り替えられています。
でも仕事に行く場合には車の運転は控えた方が無難なようですね。

徐々に雪が本降りになり帰宅時には大雪の可能性があります
夜は風が強まり、吹雪となる恐れもあり
早めの帰宅が安心です。

北陸も段々と雨や湿った雪が降る可能性が高いです
外出される方は傘をお忘れなく
また雪の残る路面のぬかるみに注意が必要です。
雨まじりの雪って靴も汚れて億劫になりますね

西日本・東海

西から雨のエリアが広がり
太平洋沿岸を中心に本降りの雨や落雷
突風に注意が必要です。

山沿いや山陽の地域では雪が降り
市街地でも積雪の恐れがあります。

近畿の平野部でも少ないですが
積雪の可能性があり
車の運転など路面状況に気をつけましょう

普段あまり降らない地域だと危ないですね
日本海側も雨や湿った雪が降るので
傘が必要になりそうです。

北日本

札幌周辺や太平洋側では日差しが届き
東北北部も雪は降ってもチラつく程度
北海道の日本海側は雪が降りやすく
活発な雪雲は流れ込んで
強まる恐れがあるようです。

東北南部は段々と雪が降り出し
夕方以降は本格的な雪になります。

明朝にかけて大雪になるおそれがあり
コチラも早めの帰宅が安全です。

【南岸低気圧 2018】1月22日の昼間の天気は?

昼間も5℃に届かない所が多くて
真冬の極寒になることが予想されています。

マフラーや手袋などの防寒具で
風邪を引かないように気をつけて
この南岸低気圧の寒さを乗り切りましょう。

世界的にもかなり気温が下がって
地球規模で寒い冬がやってきています。
ボクの住んでる地域はトロピカルな気候なんですが
それでも肌寒い気候に変化していて
珍しい現象に感じています。

まとめ

2018年1月22日の南岸低気圧は23日まで影響があるようです。
それほど積雪は高くならないと予想されていますが
外出には気をつけて、なるべく早めの帰宅を心がけましょう

最後まで読んで頂きありがとうございました。

生活

Posted by magochan