Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

普門館はなぜ取り壊しに?理由や現在の場所と跡地はどうなる?

吹奏楽の聖地として知られる
普門館はなぜ取り壊しになったのか
経緯や理由について調べてみました。

現在の場所と跡地はどうなるかも調査!

わかりやすくまとめたので
ぜひご覧ください(・∀・)

普門館とは?

1970年4月28日に落成
こけら落としは日本フィルハーモニーが演奏

 

1972年から高校野球でいう「夏の甲子園」に
匹敵する大きな大会
全日本吹奏楽コンクールが開催

 

1977年以降は毎年連続で
普門館で開催され
同館は「吹奏楽の甲子園」と呼ばれていました

 

演奏者にとっては
吹奏楽の聖地としても有名なんですね

 

全日本吹奏楽コンクールが普門館で開催される理由は
なんといってもその広さにあります

 

収容人数は約5000人
大ホールは4,702席もあって
国内最大級のホールになります

 

吹奏楽の演奏者も多いんですが
その父兄や観客も含めると
吹奏楽の全国大会を開けるホールは
あまりないんですね

 

東京都杉並区にある立地も
アクセスがかなり良かったのです

 

ボクが初めて知ったのは
日本テレビで放送中の
「笑ってコラえて!」の企画で
「日本列島吹奏楽の旅2010」があって
中高生が真摯に取り組む姿が印象に残っています

 

この番組で吹奏楽以外の一般に対しても
普門館の意味が広く伝わったようです

 

こんな世界もあるんだなぁと驚きました
学校を卒業してから
なかなか吹奏楽にふれる機会はないです

 

オーケストラはたまに聞きに行くんですけどね
やっぱり生演奏は迫力が違います

 

2010年の段階ではまだ「吹奏楽の甲子園」は
普門館を目指す企画だったんですが
現在は取り壊しが決定しています

 

惜しまれる声が多い中
普門館はなぜ取り壊しになったのか
理由や経緯を調べてみました

普門館はなぜ取り壊しに?理由は?

2011年に東日本大震災があり
普門館の耐震構造をチェックすることに

 

2012年5月に耐震強度不足で大ホールの
天井崩落の恐れがあることが
専門家の調査でわかりました

 

2012年の10月に開催が予定されていた
第60回全国吹奏楽コンクールは
急遽、名古屋国際会議場センチュリーホールで
開催された経緯があります。

 

その後も天井改修工事が間に合わないため
2013年も名古屋で開催

 

運営する立正佼成会は普門館の建て替えを検討

 

ですがホールのある東京都杉並区の
建築基準法の規制が変更したことにより
同規模のホールが建てられないことが分かりました

 

2013年11月13日
普門館のホールの改修工事を
断念する発表があり
全日本吹奏楽コンクールが
普門館で開催されることは
永遠に無くなってしまいました

 

残念、無念です(T_T)
機能的価値はないんですが
感情的価値というか
これまでの様々な人々の
記憶や思いまで無くなるのは
ちょっと悲しいですね

 

建物は無くなっても
他の形で残せないのか
なにか方法はないのか
気になっちゃいます

普門館の現在の場所と跡地はどうなる?感想は?

普門館の現在の場所は
東京都杉並区和田2-6-1

地図はコチラです

 

アクセス
東京メトロ丸ノ内線 「方南町駅」から徒歩7分

京王バス「佼成会聖堂前」バス停から徒歩1分

 

都内ではかなり便利な場所ですよね

 

普門館の跡地は緑地になります
安らぎの場になるのはいいと思うんですが
この建物の記憶とか残せるといいですよねー

 

思い入れのある方々は
取り壊しの前に聖地である
普門館を訪れているようです

 

感想をまとめてみました

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/.png”]思い出の場所なので、解体はとにかく残念。 ピカピカで巨大なステージ、どこまでも広がる広大な客席、袖の仏壇。ドキドキしながら聞いた結果発表、そして歓喜。 第33回全日本吹奏楽コンクール 中学の部、出演順17番だった。[/baloon-line-left]

 

[baloon-line-right img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/ラッコ.jpg”]「吹奏楽の聖地」として長年親しまれた #普門館(#杉並区)が今年の冬にも解体されます。所有する宗教法人「#立正佼成会」が発表します。耐震性の問題からホールの使用を中止して約6年。ついに姿を消すことが決まり、#吹奏楽 の関係者からは惜しむ声が上がっ[/baloon-line-right]

 

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/ライオン.jpg”]小中学生の時に吹奏楽部だった。やるからには全国大会に出たい。そんな想いを先輩方から受け継ぎ、部長として叶えたかったけれど叶わず、後輩達に引き継いで、、、そんな大切な場所なんです。普門館は。悲しい、寂しいなんて言葉じゃ言い表せない。青春時代の象徴でした。
ありがとう普門館。[/baloon-line-left]

 

[baloon-line-right img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/.png”]ここを目指して毎日練習頑張ったんだよ。一度も辿り着けなかったけど。 吹奏楽やってた人なら誰でも目指した場所だよね…。ありがとう。お疲れ様でした。
[/baloon-line-right]

 

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/ぶた.jpg”]中学の時吹奏楽に打ち込んでいたので、普門館はまさに憧れの地でした。「ふもんかん」と聞いただけで青春がよみがえる感じの。自分の代は関東大会までしか進めなかったけど、全国の音を聴きにみんなで行って、震えたなぁ。淋しい…けど、いままでありがとう。お疲れさまでした。[/baloon-line-left]

 

[baloon-line-right img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/.png”]普門館なくなっちゃうのか…
行ったことないし遠い世界だけどなんか悲しい?
[/baloon-line-right]

 

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/.png”]行ったこともないけど
こんなに引き込まれるような
ホールはないと思う、、
取り壊しは正直悲しい
[/baloon-line-left]

 

[baloon-line-right img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/.png”]普門館。一度でもいいからステージに立ってみたかったな。
[/baloon-line-right]

 

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/ぞう.jpg”]普門館解体されるのか… 吹奏楽経験者にとっては永遠の夢だよな ありがとう普門館!
[/baloon-line-left]

 

[baloon-line-right img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/.png”]解体か… コンクールを一度は見に行きたいと思ってたけど一度もチケットを買えず、見に行けないまま耐震性の問題で使用中止になってしまっていた。最後にさよなら見学イベントとかやらないかな…[/baloon-line-right]

 

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/さる.jpg”]の普門館がなくなるみたいで、淋しいけど、最後に記念の演奏会をしてもらえたらいいなぁ〜と吹奏楽を愛する自分は思います^_^[/baloon-line-left]

 

[baloon-line-right img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/うし.jpg”]吹奏楽の甲子園とも言われていた普門館がついに解体してしまうのね、、
中高6年間吹部だったウチにとってはすごく悲しい?
中2の時のコンクールの会場が普門館だったけど、今振り返るとここで演奏できたことがすごく貴重だったと感じた✨
引退して2年が経つとか早いな~[/baloon-line-right]

 

[baloon-line-left img=”https://magochan.com/wp-content/uploads/2017/11/saru.jpg”]取り壊される前に、建物の中に入れる機会はあるだろうか ひとつの時代が終わる、同時にそれは、新たな時代の幕開け。普門館とはまた違う、反響板の整った音響の良いホールで、程よく力の抜けた演奏を、特に中高生の皆さんには経験してほしいと個人的にはおもいます。[/baloon-line-left]

 

かなり普門館の取り壊しを惜しむ声が多数です
見学会か最後に演奏会とかあれば良さそうなんですが
耐震性が無いならば危険だし仕方がないかなぁ
建物に対する感謝の気持とか
表す方法ってあまりないですよね
絵に残したりしたら良さそうだけど

まとめ

普門館はなぜ取り壊しになったのか
経緯や理由について調べてみました。
現在の場所と跡地はどうなるかについても
調査してみた結果
かなり惜しむ方々が多いですね

なるべく文化的な施設は減らさないほうが
これからの日本の為にもいいと思いました

最後まで読んでいただきありがとうございました(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。