Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

星野源の病気はくも膜下出血とパニック障害?後遺症や症状と原因がヤバい?

ドラマや歌に大活躍の星野源さん
幼少期から「パニック障害」を患って
2012年にはくも膜下出血の手術で
死の淵からよみがえっているのです。

その症状や原因と
現在もその後遺症は大丈夫なのか

わかりやすくまとめましたので
ぜひごらんください。(‘◇’)ゞ


星野源の病気でくも膜下出血の症状とは?

 

2012年12月16日
星野源に突然くも膜下出血が発症したんですね

 

新曲のレコーディングを行っていた星野源

 

後頭部に「ズーン」した痛みを感じながら
解熱剤と湿布でごまかしながら
レコーディングを行っていました

 

収録が終えて完成した直後
倒れそうになるくらいの
強烈な頭痛に襲われたんですね。

 

目の前の風景がぐにゃーっと
曲がって見えるような変な感覚

 

金属バットで殴られたような痛みで
立ってられなかったんだそうです。

 

すぐに救急車で病院へ搬送
緊急手術を受けたのですが
医師には「後遺症の可能性があり全快は難しい」と
宣告されていたんだそうです

 

手術は無事に成功して
2013年の2月に無事退院

 

その原因ってなんだったんでしょうね

星野源の病気でくも膜下出血の原因は?

脳の栄養血管である動脈の一部が切れることで起こるんですね。
約8~9割は「脳動脈瘤」と呼ばれる動脈のコブからの
出血なんですね


引用:東海大学病院脳神経外科

ほとんどの方々は切れる瞬間まで無症状なのです

 

星野源さんはレコーディング中の
最初の頭痛はくも膜下出血の前兆だったんですね。

 

一般的には色々と検査しても
原因は突き止められないのです

 

若い時は人間ドックなんかいきませんよね
脳の中まで検査する人はいないでしょう。

 

仕事復帰から半年もたたないうちに
再手術と軽脳活動を休止しました

 

再発ではないんですね
手術箇所が万全ではなかったようです。

 

完全復帰は2014年の2月になります

星野源の病気でくも膜下出血の後遺症は?

 

まだ再発や後遺症の心配があるんですが
くも膜下出血は致死率が70%と
非常に高いのに前兆がほぼないんですね。

 

一命をとりとめても重い後遺症が
残ることがほとんどで
元通りの生活に戻れる人は
10%未満、社会復帰できる人は
わずか30%だそうです。

 

完治した星野源さん
ギターの演奏でも手は問題なく動き
以前と変わったところはないようです。

 

演奏や歌、あとは役者としての演技など
芸能活動に影響がでるような
くも膜下出血の後遺症はないようです。

 

けっこう生死をさまよったんですね
でもくも膜下出血の病気で
闘病生活を体験したことで
音楽を聴くことが以前よりも
クリアーになったそうです

 

病気の体験が星野源さんのアーティスト活動に
プラスになっているのは
素敵ですね。

星野源の病気でパニック障害とは?

 

小学校3年生の時に
う〇こ漏らしちゃった星野源さん

 

それでクラスのいじめにあうんですね

 

これがきっかけで星野源さんは幼い時に
「パニック障害」を患ってしまいました。

 

パニック障害とは

突然理由もなく動機やめまい
発刊、窒息間、吐き気
手足の震えといった
発作をおこして
それが原因で生活に支障がでる
状態なんですね

 

自分でコントロールすることができなく
いつまた発作が起こったらどうしようと
不安になることが
またパニック障害
引き起こしやすくなるんですね

 

中学時代は精神科にかよって
安定剤などお薬を飲みながら
通学していたそうです

 

高校生になったある日
もう学校に行けなくなるほど
不安神経症になってしまい

 

そのころに出会った音楽に助けられたことが
現在のアーティスト活動に
繋がってるそうですね。

 

小学校3年生からなので
パニック障害を
かなり長い期間患っていたんですね

 

他の芸能人の中にも「パニック障害」を
患っていた人は多くて

 

元プロ野球選手の長嶋一茂さん
Kinki Kidsの堂本剛さん
中川家の中川剛さんなど

 

やっぱりプレッシャーを強く受ける
人には多い病気かもしれませんね

 

まとめ

星野源さんはパニック障害と
くも膜下出血と病気を乗り越えて
今は無事に活動を続けてらっしゃいます。

人の痛みがわかるような優しい歌詞や
歌声は多くの負の体験を乗り越えているから
多くの人に伝わるのかもしれませんね

 

今後の活動が注目されます

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。