eペダルって良いペダル?日産リーフで採用が決定した斬新な性能

2017年7月20日

2017年 7月20日 日産は9月から販売する
新型「リーフ」に「eペダル」を採用すると発表した。

「eペダル」とはスイッチの切り替えによて
世界初 一つのペダル操作だけで
車の運転が可能になるようだ。

はたしてそれはどんな斬新な操作性で
運転の安全性や性能などに問題はないんでしょうか。
情報をまとめてみたいと思います。

eペダルって良いペダル?

まず初めにこちらを見てくださいませ

赤い丸のところがスイッチですね
車は完全な電動自動車なんですが

きちんと通常通り 左にブレーキペダル 右にアクセルペダルがあります。
このスイッチをONにすると 「eペダル」モードになるようで
ブレーキペダルは使わないで アクセルペダルのみで
加速 減速 停止と 簡単に運転が可能になるようです。

①が通常にアクセルを踏んで加速していますね

②ペダルを戻すと減速するようです。
ペダルの戻し加減で自動でブレーキがかかるんですね。
通常だとブレーキペダルを踏まないと
下り坂はそのままツツーと行っちゃいますよね。

③もし上り坂でも ペダルを完全に離すと
ピタッと停止するようです。
サイドブレーキも不要なのかな

④また踏むと通常運転というか発進するという感じみたいですね。

日本語で説明してほしいんですがw
でも海外でも驚かれる技術なのではないでしょうか
英語なのは海外を見据えた戦略なのかなと想像しちゃいます。

新型「リーフ」電気自動車の気になる性能

完全な電気自動車
そうなると充電どうするの?って気になりませんか?
こんなプロモーションが始まるようです。

考えてみたらガソリン代かからなくて
全国移動し放題なの?
って面白いプロモーションです

100%電気自動車 日産リーフなら、
月額2000円(税別)で日本全国の充電器が使いホーダイ。
いつ充電しても、何度充電してもいい。
そう、これからは燃料費を気にせずに、日本中を走っていける。
映画も、ドラマも、音楽も、定額で楽しむこの時代。
さあ次は、日産リーフと旅ホーダイへ。

YouTubeでのコメントは賛否両論で
そもそも旅する時間ないしなどw いろいろあったんですが
eペダルといい 画期的な企画が続いてますよね。

一回の充電で走行距離は280キロになるようです。
問題は充電時間と場所になるんですが

日産「リーフ」の充電の時間はどれくらい?場所は?

旅ホーダイとはいえ 充電施設がないと 旅できませんよね
帰れなくなるなら移動も不安ですよw
充電にはおよそ2つの方法があるようです。

1.急速充電
急速充電だと30分で約80%までの充電が可能です。
買い物や外出先での用事を済ませる間にできて便利ですよね
また携帯に充電状況を伝えるサービスもあるようです。

2.普通充電
こちらは家のガレージなどで充電するタイプですね
バッテリーが2種類あって それぞれサイズによって
8時間と11時間かかるようです。

充電スポットは 全国に23000基
急速充電器が7000基、普通充電器が16000基
具体的な場所では日産の販売店、コンビニ、商業施設、
自治体、道の駅、高速道路などなど
これからもっと増えそうですね。

まとめ

攻めてるね日産の「eペダル」とその採用を決めた「リーフ」
いかがでしたでしょうか。
これから高齢化社会に向けて 電動自動車や
このように電気自動車でもペダル一本の簡単な運転は
主流になっていくだろうなと感じまして情報をまとめてみました。

ボク個人的な意見としてはバイクの運転が好きなので
運転はマニュアルでモータースポーツを楽しみたいんですがw
車はこれからもっと利便性を追求していくのかなと感じます。
お年寄りの事故も減りそうですよね。
社会の変化を感じるニュースでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。