台風の進路予想は外れる?進路がおかしい過去の見方とは?

台風の被害が年々増えていますよね。
台風の予想である「進路予想」が
あまり正確ではなく、よく外れますよね。

過去、アメリカのハリケーンの進路の予想も大きく外れて
ニューヨークでは裁判になったそうです。
日本ではまだそこまではないんですが
もう少し正確にはならないんでしょうか。

台風の進路予想についてわかりやすくまとめましたので
ぜひゆっくりごらんください。


スポンサードリンク

 

台風の進路予想とは?

台風の予報には、大きく分けて
「強度予測」と「進路予測」があるんですね。

 

かなり難しいのは「強度予測」で
これは雲の形状や性質を読み取らないと
台風の強さがわからないため
現在の情報技術では難しいようです。

 

「進路予測」なんですが
これは年々進歩して
以前よりは正確になっているんですね。

 

具体的には10年ほど前は
2日後の台風の進路予想と
実際の進路の差は300キロだったようです。

 

最近では、3日後の進路予想でも
その誤差は300キロになっているようで
一日分は精度が向上しているんですね。

 

以前の進路予想ではもっと誤差があったのね( ;∀;)

 

300キロって東京ー福島間なので
まだ進路予想って誤差があるなって印象はありますよね。
いったいどんな理由で難しいのでしょうか?

 

台風の進路予想が外れる理由は?

台風の進路予想は、気象庁のスーパーコンピューター上で
計算された結果に基づき、
最終的には予報官の経験と判断によって出されるんですね。

 

かなり高価で最新のスーパーコンピューターの膨大な
計算によって出される台風の予報が
なぜ時に「外れる」場合があるのでしょうか。
それには大きく分けて2つの理由があるんですね。

 

自然が複雑すぎる

予測はスーパーコンピューター上で実行される
巨大なプログラムで行われます。
ここへのデータで日本の自然の地形を正しく
反映したものになっていない可能性があるんですね。

簡単に説明しますと
海上での台風の進路予想はかなり的確なんですね。
これは海面は障害物が無く平らですからね。

 

問題は陸地の移動で
これをコンピューターが
完璧には読み解けないんですね。

日本って山や森が多いですから
台風の進路予想に複雑な地形が
影響を与えているんですね。

 

台風が複雑すぎる

進路予想には台風の初期のエネルギーや
大きさのデータを入力しなければいけませんよね。
強さで進み具合も変化しますから。

 

この台風の初期データがかなり複雑で
正確な数値を入力できないんですね。

 

台風の発生の元となる
積乱雲も微妙に変化しますから
前例が通用しませんよね。

 

台風の進路予想を100%信用しては
いけないということなんでしょう。

 

ある程度振れ幅を覚悟して備える必要がありますね。
進路予想ってないよりはマシ!
これくらいの感じが良いのかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

台風の進路がおかしい過去の見方とは?

アメリカのハリケーンによる被害が大きいですね。
台風による大雨です。

 

日本でも以前よりも台風の降雨量が増えて
水没する地域が増えてきています。

 

首都に直撃した場合は大変ですね。

 

過去、2012年の10月にアメリカへ大被害をもたらした
スーパーハリケーン「サンディ(sandy)」

 

ニューヨーク市内では広範囲にわたる浸水被害があったんですね。

 

この時は予報判定をめぐる訴訟問題まで起きたようです。

 

石を投げれば弁護士に当たるといわれる
アメリカらしいエピソードですが
それだけ台風予報の難しさも物語っていますよね。

 

この時もかなり長い期間のデータを
使った予報だったんですが
まずまず当たったのは7日間まで
それ以降はかなり外れてしまっています。

 

大雨予報になると台風の強度も関係してくるために
かなり難しいんですね。

 

現在の台風予報技術ではおよそ7日間先まで当たる!
これを覚えておきましょう。

 

まとめ

台風の進路予想なんですが
外れてあたりまえなんですね。

かなり予報が難しいことがわかりました。
進路予想がないよりはマシと
備えを十分にして
これから増える台風に備える必要がありますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサードリンク

 

その他

Posted by magochan