富岡長子の妹の遺産相続は?弟の富岡茂永と父母や富岡八幡宮の関係は?

都内の初詣でも人気のスポット
富岡八幡宮で宮司の富岡長子を
含む男女4名が負傷とお亡くなりになった事件。

犯人はなんと弟の富岡茂永でした。

新年を前にとんでもない事件の発生です

父と母との家族の関係や
妹の画像や遺産相続について調べてみました

事件の動機がわかるように
わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください。(T_T)


スポンサードリンク

富岡八幡宮の宮司の富岡長子が日本刀で襲われる?

2017年12月7日 午後8時頃

東京都江東区富岡の富岡八幡宮で
119番通報が

「けが人が複数出ている」と
救急車が現場に駆けつけると
男女4人が負傷していたのです

 

そのうち3人は心肺停止状態

 

日本刀などの刃物で切りつけらていて
当初は通り魔の犯行とニュースが流れていましたが
なんと富岡八幡宮の宮司の富岡長子を狙った
実弟の富岡茂永の犯行であることが判明

被害者は富岡長子と運転手
加害者は富岡茂永とその交際相手

 

運転手はかろうじて助かっています
残りの3人はお亡くなりに

 

犯行後に弟の富岡茂永は
富岡八幡宮の敷地内に移動して
ともに襲ったとされる
交際相手の愛人をあやめ
自らの手で自分もなくなっているのです

 

この時に弟の富岡茂永が
所持していたのは日本刀2本と
サバイバルナイフ2本です

 

息を潜め実の姉を路上で
待ち伏せして
日本刀で斬りつける

 

昭和の任侠映画ですかね(T_T)

 

何らかの理由で姉を恨んでいますよね
話し合いでは済まないほど
関係が悪化しているのでしょう
しかも血の繋がった家族です

 

それからどこで狙うのかを計画して
武器の調達です

 

なかなか日本刀も手に入らないと
思うんですけどね
どこで入手したんでしょう

 

包丁などより本気度があるというか
怒りが込められていませんか

 

武器のチョイスがヤバイです

 

そして達成後は
みずから亡くなるとは…

 

思い詰めた結果なのでしょう

かなり異常ですけどね(T_T)

 

いったい姉の富岡長子と
弟の富岡茂永に何があったのか
関係を調べてみます

 

富岡八幡宮の宮司の富岡長子と弟の富岡茂永の関係?

加害者の弟の富岡茂永は
1995年に父親である
富岡興永前宮司の後継者に

 

弟の富岡茂永の以前の職業は
富岡八幡宮の元宮司でした

 

弟ですが長男になるので
跡継ぎは当然ですよね

 

でもこの弟の富岡茂永の素行に
かなりの問題があったようで

・離婚歴が2回

・最初の結婚で1男1女の子供が2人

・結婚は3回

 

1.子供が2人いても
フィリピンクラブ通いで
最初の奥さんに愛想をつかされる

 

2.2度めの結婚後は銀座や錦糸町のクラブ通いで
ホステスを愛人にして離婚後に
その愛人と結婚

 

3.2番めの奥さんとは財産分与で
500万もの損害賠償請求

 

女遊びがひどいですね

宮根誠司とちょっと被るけど
気のせいだな….

 

この素行の悪さから
父親の富岡興永は
息子の富岡茂永を宮司から退職させ
自ら宮司に復帰。

その後は長女の富岡長子に
受け継がせていたのでした

 

これも一筋縄ではいかなかったようで
父親の富岡興永は長女の富岡長子に
宮司を引き継がせるために
神社本庁から富岡八幡宮を
離脱させています

 

この時に富岡茂永は退職金として
1億2000万円を受取
そして毎月30万円の年金が支給

 

自称投資家として
約数十万円の不動産収入も
約束されていたようです

 

それでも「金がない」と
ぼやいていた富岡茂永

 

投資家というより
かなりの浪費家なんでしょう
お金の守り方を知らないようです

 

2006年には実の姉である
富岡長子を脅迫して逮捕されています

 

宮司を退職させられた恨みの
矛先が姉に向けられたのです

 

地獄へ送る」や
覚悟しておけ」「積年の恨み」など
はがきを送るなどしていたようです

 

要するに10年以上前から
宮司の退職が原因の
姉との確執があったんですね

1億2000万もの退職金があるなら
普通は問題無さそうですけどね

この他にも姉や妹との相続の
お金の問題があったようです


スポンサードリンク

 

富岡八幡宮の宮司の富岡長子の遺産相続は妹へ?

2015年の報道によると
父親の富岡興永は
富岡八幡宮の借地権(土地の一部)である
120坪を富岡八幡宮より搾取し
長女である富岡長子とその妹に
相続させています

 

これは神社の私物化ではないかと
問題になっていたのです

 

この内部告発をしたのが
弟の富岡茂永だったのです
同時に宮司の不当解雇裁判も行っていたそう

 

当時の土地の相続額は8000万円でした

その後は東京オリンピックの
誘致が決定して1億円以上
土地の値段が高騰しているようです

 

富岡茂永は実の父親に宮司の座を退任させられ
姉と妹にだけ土地の相続が決まり
自分はお金に困っていると思い込んでいたよう

 

これって嫉妬というか逆恨みでしょうね
経緯を見るとしょうが無いと感じます
宮司を任せられる人間性ではないです

 

10年以上も前から金銭面での
トラブルも続いていたようです

 

姉の富岡長子さんと妹
そして母との関係は良好なようで
ブログによると毎年、富岡家の墓参りを
きちんとされているようです

後ろ姿の画像しかありませんが
妹はかなりお美しい方かもしれません

この事件ですべての相続は
父親である富岡興永から
この妹へ渡されることになりそう

このような事件のあと
後任の宮司は誰になるでしょうか
妹なのかそれとも
同じ家族では認められないのかも

 

ネット上では妹の黒幕説など
ありますが
弟である富岡茂永の逆恨みによる
犯行でしょう

 

都内の初詣で人気の富岡八幡宮
新年を前にどえらい事件が起きました

 

こちらは一緒にお墓参りする母の後ろ姿

痩せて小さく感じると
姉の富岡長子さんの記載が

息子の富岡茂永が
心労や苦労をかけたんじゃないかなぁ

実の息子の行動で娘もなくす
親の気持ちってどうでしょう
想像を絶しますね
親不孝すぎるよ~(T_T)

 

まとめ

弟である富岡茂永の素行をみると
自業自得に感じます
だからといって家族を巻き添えにして
破滅に向かってはイカンでしょう~

 

これから背負って生きていく妹さんや
残された両親の気持がどんだけ辛いか

 

神前に仕える人の行動ではありません
一般的にもアウト

心の平穏をつかめなかったんでしょうか
なんだかせつなくて悲しいですね

 

最後まで読んで頂きありがとうございました


スポンサードリンク

 

生活

Posted by magochan