サウジアラビアでミニスカ女性が逮捕!服装の厳しい決まりとは?

中東サウジアラビアで 女性がミニスカートにTシャツ姿の映像を
SNSに投稿したところ 警察に捕まってしまったそうです。
日本の常識で考えるとあまりに厳しい決まりで信じられませんね。
いったいどんな文化で どのような理由で逮捕されるのか?
調べてまとめてみたいと思います。




SNSに投稿された映像とは?


問題の映像はコチラです。

遺跡のような路地で振り返る女性
いたって普通の格好ですよね
撮影者も同罪なのかな?

けっこう寂れているというか
何もない郊外でしょうかね
スタイルは良い女性ですよね

 

正面からみるとお美しい
まぁいたって普通の観光ビデオというか
レポートのような 映像です。

これがSNSへの投稿で かなり拡散された模様です。

 

サウジアラビアの一般的な服装とは?


私たちが一般的に考えている服装ではなく
このような服装が現代でも義務づけられているようです

カオナシではないのです チャドルです。

他には各国で様々な違いがありますが
基本的に 肌の露出や女性のラインを隠す目的があるようです。


アバヤ
アバヤはアラビア半島の伝統的な民族衣装で
黒い布で目と手足の先以外をすべて隠している。

 


ヒジャブ
ヒジャブはスカーフのような布で頭髪を隠すものである。
もっとも一般的な服装である。
カラフルなものが多いです。
組み合わせもいろいろ。

 


ヒマール
ヒマールはヒジャブより、隠す範囲が広がり、背中まで隠す。
ヒジャブよりも大きく隠す部分が広いため
デザインもシンプルで 少し厳格な印象ですね。

 

ブルカ
ブルカはアフガニスタンで用いられている民族衣装で目の部分も網状になっていて完全に隠れている。

 


ニカーブ

ニカーブ(アラビア語版)は目だけ見せるものである。色は黒が多い。

チャドル
チャドルはイランに多い服装である。顔だけ出して体全体を隠す。

ブルキニ
ブルキニは近代になってから登場したムスリマ向けの水着である。イスラム教の戒律に合うように全身を覆うタイプの水着になっている。

モエヤンって女性お笑い芸人がいたんですが
それを思い出してしまいました

ブルキニ やっほー

 

ここまで女性の肌の露出が禁止されているんですね。
それから比べると今回の映像は過激と指摘されるようですが
しかし逮捕につながるとはー
その理由はいったいどうしてなんでしょうか?




 

イスラム教の決まり事


現在のイスラーム共和国では、女性はヒジャーブを身に着けねばならない。身につけない場合、宗教警察によって尋問される事や、場合によっては投獄される事もある。但しチャドールでなければいけないという訳ではなく、女性によっては頭にスカーフをまくのと腕や脚を隠せる長丈のコートでヒジャーブとすることもある。

そのスタイルは多様性があり
どういった布で隠すのか?という決まりのようですが
隠さないというのは 着用の義務違反という法を犯したという
ことになるのでしょうね。

自由な文化、ファッションを楽しむ国々からみると
なかなか理解するのは難しいですね。
今回 現地でも論争に発展しているようです。

 

イスラム圏と日本やアジア圏との違いとは?


ごくごく簡単に 私の考えで想像してみたいと思います。
イスラム圏って砂漠の国が多いですよね
我々 日本は自然、森や木々に囲まれた風景です。

大まかにわけると 砂漠地帯などで生きる人々は
自然を支配してコントロールしていかないと
生きていけないような過酷な環境にあったわけです。

反対に我々日本人は 自然の恵みや恩恵を受け
自然共にと生きる循環型の比較的おおらかな社会を構築してきました。

砂漠地帯では自然と共に生きる!
なーんて発想にはならないですよね。

そんな中で 単純に 砂漠地帯で見る女性の裸と
森や大自然でみる女性の裸ってムラムラ度というか
刺激の感じ方が全然違うと思うんですよw。

おそらく過去に様々な問題がたーくさんあって
肌隠した方が 平和に暮らせるじゃん!と戒律
ルールが決まったんじゃないでしょうかね。

ただ現代においては
ネットで様々な情報にも触れる機会が多くて
このまま同じ戒律で生活していくのは
難しいのかなと 感じます。



まとめ


意外とこういった小さいニュースから
もっと大きな変化や論争に繋がっていくのかしら?
と気になってまとめてみました。

生活や文化の違いがあると理解することも難しい出来事ですが
中東ではこれから様々な変化が起こりそうな予感がします。

最後までお読みいただき ありがとうございました。