青木涼真(法政)が山の神に?拓殖大が進路妨害で炎上?

2018年1月2日

2018年 1月2日に箱根駅伝が始まりました
第5区では法政大の青木涼真選手が大活躍し
4代目「山の神」と呼ばれるようになりそう

歴代の山の神の紹介や
ネット上で炎上になった
拓殖大の監督車の進路妨害について調べています

動画を見るとゴール直前に確かに蛇行しているのです

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください(・∀・)


スポンサードリンク

2018年箱根駅伝の山の神とは?

箱根駅伝では沿道の声援が多い
2区が「花の2区」と呼ばれていたんですが
2006年の第82回で現在の5区のコースに変更され
5区が最も注目度の高いコースになりました

山登りのコースの箱根駅伝第5区…
最もきつい急坂の「宮ノ下の登り」は
「ここでレースなんてどうかしてる」と選手が思うほど、きついのです。

 

5区の明暗は、傾斜に応じた走りができるかで分かれます。

 

なだらかになったり、一瞬だけ平らになったりしたところで、
しっかり加速すること。

 

それができないと、また登りに戻った時、足取りが重くなってしまうんですね

 

これは平地での記録が通用しません
実際にレースで走り比べてみないとわからない点も多く
監督がどの選手を5区に割り当てるのか
優勝の結果に直結するコースなのです

箱根の山を越える第5区で好成績を残した選手を
箱根駅伝では「山の神」と讃えています

歴代の山の神と呼ばれた選手は3名

 

初代 山の神 今井正人

今井正人選手は箱根駅伝で
順天堂大学から第81、82、83回を走っています

第81回では第2区で11人抜き
第82回では第5区で5人抜き
第83回では第5区で4分以上の差を一気に縮め
いずれも首位に立った初代の山の神です

現在は企業のマラソン選手として活躍中

 

2代目 山の神 柏原竜二

今までの山の神では知名度とインパクトが一番!

柏原竜二さんは東洋大学から
第85、86、87、88回に出場

大学1年生から第85回の箱根第5区を走り
先頭の8人を全て抜き去って
今井選手の記録も更新
東洋大学の総合優勝に大きく貢献して
山の神として一気に知名度が高まりました

柏原竜二さんは大学4年間は箱根5区で
全て区間賞を取り
一度も負けたことが無い点においても
伝説の山の神なのです

企業の陸上選手として活動していた柏原竜二さんは
現在は陸上からは遠ざかっているようです
やはり足の負担が多いんでしょうかね

 

3代目 山の神 神野大地

青山学院大学の神野大地さん
第91回箱根駅伝で大学3年生で始めて5区を走ります

記録は1時間16分15秒
この記録は2代目山の神の柏原竜二さんの記録を
20秒以上も上回り
箱根に衝撃が走ったのです

92回では区間賞を逃していますが
青山学院大学の完全優勝に貢献

現在はコニカミノルタで活躍中です


スポンサードリンク

2018年箱根駅伝の第5区で青木涼真(法政)が山の神に?

2018年は4代目山の神が降臨?
法政大学の青木涼真選手です

青木涼真のプロフィール

名前 青木 涼真
大学 法政大学
学年 生命科 2年
出身 埼玉
高校 春日部高校
公式記録 10000m公認 29分30秒64

 

前年よりも距離が短くなった箱根第5区

選手への負担が大きいことや
あまりに5区で差がついてしまうために
距離が短くなったのです。
その為、山の神はなかなか現れないと予想されていたんですね

4区で出遅れていた法政大学は
青木涼真選手の9人ごぼう抜きで一気に往路の順位が
14位から5位へ

記録も区間新記録で2位には20秒の差があります
法政大学の青木涼真選手が
第4代目の山の神になりそうです

まだ2年生なので今後の活躍次第かもしれませんが

 

ただ今回、青木涼真選手の走行を
拓殖大の車が進路妨害したのでは?と
ネット上では炎上騒ぎになっているのです

 

【動画】2018年箱根駅伝の第5区で拓殖大が進路妨害で炎上?

法政大学の青木が9人抜きし区間新記録、往路5位となりました
ゴール間近、追い上げを見せる青木涼真選手の前を
4位拓殖大学の付き添いをする監督車が走行、
フラフラと蛇行運転する様子が見られたのです。

ネット上では前を走っていた拓殖大学の監督車が
進路妨害をしていたのではないかと疑惑の声が上がっています。

 

確かにそう見えないこともないかな(T_T)
抜け方を迷って蛇行はしていますね
故意ではないけど最初から左に退けてたら
青木涼真選手は早めにスパート出来ていたでしょうね

 

1位 東洋大学  5:28:29
2位 青山学院大学  5:29:05
3位 早稲田大学  5:30:25
4位 拓殖大学  5:33:05
5位 法政大学  5:33:06

記録を見ると4位の拓殖大とはわずか1秒差です
青木涼真選手が10人抜きして
法政大学が4位になれたのかもしれません

 

第5区の4,5,6位争いは胸熱でした
しかし拓殖大学の監督車が水を差す形になり
ネット上では遺恨を残しそうな結果に

 

まとめ

第5区は今年から距離が短くなったことで
区間新記録になったと思うんですが
区間賞では2位との差が20秒差なので
かなり速いでしょうね
青木涼真選手はまだ2年生なので
山の神として来年が楽しみです

最後まで読んでいただきありがとうございました

 


スポンサードリンク