核ミサイルの対策や迎撃は?日本に避難や打つ手はないの?

北朝鮮とアメリカの緊張が高まっています。
今のミサイル発射実験では日本へ
落ちる確率は低いんですが
もしも軍事衝突があれば
核ミサイルが日本へ向けられる
可能性はありますね。

核ミサイルの対策や迎撃で
日本に打つ手はあるんでしょうか。
避難方法についても
わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください。


スポンサードリンク

 

核ミサイルとは?

世界にたーくさんあるんですけど
今は日本の最大の危機である
北朝鮮の核ミサイルに
焦点を当てて解説していきます。(‘◇’)ゞ

 

北朝鮮が実験しているミサイルの発射は
弾頭に爆弾が付いていないロケット
ダミーのミサイルなんですね。

金正恩はトランプ大統領に
「ちびロケットマン」ていわれてましたけど
これ男性にとってはかなり辛辣な言葉なんですよね。

「ちび」「はげ」「でぶ」

これだけは男性に絶対つかっちゃいけませんよ
かなりバカにした言葉なんですよね。

これに対して北朝鮮が太平洋上で核実験する
と外相が発言しましたね。

いまのところはまだ
北朝鮮のミサイル発射の技術では
正確に核を搭載したミサイルを
狙って飛ばすことはできません。

それで太平洋上に発射して
外れると北朝鮮はアメリカに
攻撃されて終わるので
まだそこまで狙える精度は無いと思います。

ただどこでもいいから最後だしやっちゃえー
と核ミサイルを日本へ落とす能力は
すでにあると思います。

核ミサイルは使わないことが最強です。
使う時は最後の時だけなのですが
アメリカと北朝鮮の関係が悪化すると
その確率は高いです。

 

核ミサイルの対策や迎撃は?

日本に核ミサイルを迎撃する能力はまだないですね
核ミサイルを持って発射すると脅す方が
儲けて防衛する方がお金がかかります。

核ミサイルは持ったもん勝ちなところがあるので
理不尽なんですよね。

今のところ北朝鮮に対しては

アメリカと戦争する

北朝鮮の核合意

この二つの選択肢しかないですね。

北朝鮮が核ミサイルを放棄すれば
金一族は滅亡するので
核ミサイルを手放すことはないですね。

それでこの二つの選択肢に対して
日本がどう対応して対策をとれるか
アメリカに示す必要があるんですよね。

それが2017年の総選挙で決められますね
北朝鮮の対策でアメリカと何ができるか
これを決める法整備や国民の民意ですね。

もしもアメリカが北朝鮮を攻める場合
自衛隊がどこまで支援するのか?
拉致被害者の救出は?
多くの難民はどうするのか?

 

じゃあもう一方で北朝鮮が核ミサイルの
保有国になったら
どう日本は対応して対策していくのか

朝鮮半島の有事に対して
日米安全保障の強化や見直しが迫られてますね。

アメリカの対応はハッキリと決まっています。
アメリカ国民の安全を
揺るがすところまできたら戦争です。

日本がかなり曖昧な態度なんですよね。
国内の世論も含めて
選択が迫られているんですよね。

10月18日の中国共産党の党大会では
中国の政局が変わります。
北朝鮮の情勢には大きくかかわっていますよね。

11月のトランプ来日の時までに
日本の態度を決める必要がある。
そんな選挙になるんですね。

 

核ミサイルの避難方法は?

まず室内であれば地下室があれば逃げ込みます。
なかなか地下室ってないですけどね。
Jアラートがなって4分ぐらいは猶予があるので
とにかく窓際だけは避けるのが鉄則ですね。

熱と爆風の威力が凄いので
地下室に逃げることを
おススメするサイトが多いんですね。

外出中は地下街、地下鉄のホームで
この際かまいません。
そして地上へつながる出口をふさぐか、
物陰に隠れ、露出している肌をできるだけ
隠すようにしてしゃがみ込みます。

出口ってそんなにすぐには防げませんよね。
これは4分以内には無理だと思います。

おそらく北朝鮮が核ミサイルで日本を狙うなら
東京が一番確率が高いと思います。

東京って地下が多いんですよね。

地下街に逃げても出口を防がないと
熱線や放射能の問題があるならば
そういったシャッターを取り付けたり
換気扇のフィルターを専用にしたり
いろいろと国の予算で
備品を増やす必要がありますよね。

あとは都内での避難訓練ですね。
かなり大掛かりになりますが
小池百合子都知事も
国政に手を出す暇があったら
そういった危機管理を
きちんとやってく必要がありますよね。


スポンサードリンク

 

核ミサイルで日本の打つ手は?

具体的にはどの方法が日本にとって
一番コストパフォーマンスが高く
現実的かですよね。

1.現状維持

アメリカとの日米安全保障条約の強化ですね。
お金を払って守ってもらうのが
安いですが決定権がないままだと
問題ですね。
そこをどうにか対等にできれば
いいんじゃないでしょうかね。
核の傘の強化ですね。

 

2.核ミサイルの保有

まぁこれは無理ですね。
アメリカ様が許してくれないし
その交渉力は自民党にはありませんね。
ただ日本の技術力で核ミサイルを開発すると
おそらく最強のミサイルは製造できるんですね。
その担保が原発だったりするんですが
まぁ日本人の核の嫌悪感みたいなのは
強いですよね。
維持費も高いです。

 

3.核ミサイルのシェア

アメリカの核ミサイルをシェアする
ドイツやイタリアと同じ方式ですね。
決定権がいまより増すんですが
鳩山由紀夫とかが党首になるのが
ちょっと危ないとアメリカに思われてるようです。
維持費は安いんですけどね。

現状維持で迎撃手段を増やすのが
一番現実的なんでしょうね。

この先日本がどうするにのか?
結局、核ミサイルには核で対策を考えるしか
方法が無いのはわかりますよね。

 

まとめ

核ミサイルについては使わないことが大前提です。
使ったらおしまいなんですよね。
それを北朝鮮はよくわかった上で
脅しをかけていますよね。

作らず、持たず、持ち込ませず

非核三原則ですが
今の状況では「持ち込ませず」の部分だけは
どうにか見直していかないと
国が国民を守る方法がないと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


スポンサードリンク