ミサイルが落ちたらどうなる?海や日本への影響は?

北朝鮮のミサイルは今後、発射の回数が多くなりそうです。
日本の上空を越えていく機会も増えるでしょう。
その度にJアラートが鳴ることが
日常化されてしまうことって
日本への影響は大きいですね。
もしもミサイルが落ちたらどうなるか?
わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください。



スポンサードリンク

北朝鮮のミサイルの影響とは?

日本への影響は大きいですよね。
北朝鮮の狙いから考えてみましょう。

今のミサイル実験の狙いはアメリカですね。

ゆくゆくは核実験で核を小型化して
ミサイルに搭載して核ミサイルを作ります。
同時にミサイル実験でワシントンまで届く
飛距離を証明したら
北朝鮮は核ミサイル保有国となりますね。

飛距離と精度を高めていくために
ミサイル実験の回数は必要です。

日本の上空を頻繁に飛ぶことになり
Jアラートが鳴る日が続きますね。

 

これは同盟国であるアメリカと日本を
世論的に分断する狙いもあるんですね。

「日本を沈める」とは金正恩の発言ではなく
北朝鮮の民意であるそうです。
これは脅しですね。

 

今のミサイル実験で発射されているものは
ダミーのミサイル、飛行物体です。
弾頭には爆弾が付いていないんですね。

上空を通過する機会は増えますが
日本への直接的な被害はまだないといえます。


スポンサードリンク

ミサイルが日本へ落ちたらどうなる?

今実験されているミサイル、ダミーのミサイルは
日本へ落ちてもほぼ被害がありません。
落ちることもないですね。

ただこれからアメリカが軍事行動に出ると
北朝鮮と戦争になる可能性があるんですね。
これかなり高まってますよ。

北朝鮮もかなりギリギリのところを狙って
冷静に駆け引きしてますけどね。

 

北朝鮮の最終的な目標は
アメリカを追い出して
朝鮮半島の統一を狙っているようです。

これは北朝鮮の生みの親、後ろ盾のロシアと
思惑は一致するんですよね。

アジアからアメリカを
追い出すのがロシアの狙いなので。

これが目標である限りは
軍事衝突って避けられないと思うんですよね。

核実験やミサイルの凍結させる合意はありそうですが。

金正恩の野望は止まらないんじゃないかな。
勢いがあるんですよね。

もし北朝鮮が核ミサイルの保有が認められれば
アメリカの覇権主義の終焉で
随分と世界情勢が変わるということです。

合意が認められず従来のような
戦争になる場合は日本へ核ミサイルが落ちたらどうなる?
ということが不安視されています。

もうこの場合はただのミサイルではなく核でしょうね。

核ミサイルは使わないことが最大の脅威です。

使うとなると最終手段ということですね。

情勢が変化した場合には核ミサイルが
日本へ落ちる可能性は高いので
やはり日ごろから避難訓練や水や食料の備蓄
そして国は法整備をしていかないといけませんね。

北朝鮮のミサイルが核の場合
日本へ落ちたらどうなるかというと
かなりの死者がでますね。
そうなるような人口密集した都市の
大阪や東京が危ないと思います。

今のところは防ぎようがないので
この対策を考えないといけませぬ。

世論が割れるのは北朝鮮の思うつぼなので
脅しに耐えながら抑止力を高めるしかないですね。

 

ミサイルが海へ落ちたらどうなる?

これまで北朝鮮のミサイルは100発以上
海へ落ちているんですが
このミサイルって影響はないんでしょうか?

ミサイルを発射するときに使われる燃料が
とても有害なんですね。

「非対称ジメチルヒドラジン」

ロケットエンジンの推進剤として
使用されている物質なんですね。
なんか読みにくいんですけどね( ;∀;)

これってかなり毒性の物質で腐食性を持っているため
皮膚や粘膜などに付着するとただれてしまい
大火傷をおったような状態になるそうです。

発がん性も指摘されているんですね。
日本では消防法により劇物・毒物指定されている物質なのです。

 

こんなのがどんどこ海に落ちたらどうなんだって話なんですが
海は希釈能力(かなり薄めてしまう)が高い為に
魚などの毒性の心配はありません。

もしも間違って民家に落ちた場合は
実験のダミーのミサイルでも
手で触ると危ないということになりますね。

破片でもみつけたら
警察や消防に連絡するのが良いようです。

海に落ちたミサイルって回収もできないんですよね。
発見や引き上げるのに数千万かかるようです。
そんなのいちいちお金かけてやってらんないですね。

やっぱりミサイルを打たせないように
抑止力を付けていくしか
国民の安全を守る方法ってないんじゃないでしょうかね。

 

2016年の6月17日には北朝鮮のミサイルの残骸らしきものが
鳥取県の海岸でみつかっているんですね。

長さ約1・8メートル、幅約1・2メートルで金属製。
重量が100キロあったそうで円筒を縦に割ったような形。

表には洋数字で「1」「2」と書かれ
裏には配線のようなものがあるこの物体。

かなりおかしな事態が起きてますね。
ミサイルなら海に廃棄しても大丈夫なのかい( ゚Д゚)

まとめ

ミサイルが落ちたらどうなるかなんですが
もう発射されてる段階で
かなり日本への影響がありますよね。

発射する国よりも防衛する国の方が
費用も掛かるんですよね。
それでソ連は崩壊したのです。

こちらも本気度を提示しないと
止むことがない北朝鮮のミサイル問題。
いつまでもアメリカ任せでいいのかと
これから議論していく必要がありますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサードリンク