北朝鮮のミサイルはグアムへ?Jアラートは対策になるの?

2017年9月15日

北朝鮮のミサイルが発射され北海道の襟裳岬沖へ着水。
飛行距離は3700kmに伸びたようです。
次はグアムに向けて発射でしょうか。

今後も日本の上空を越えてミサイルが
発射される回数が増えそうです。

その理由とJアラートの対策について
わかりやすくまとめました。

ぜひご覧ください。


スポンサードリンク

北朝鮮のミサイルとは?

次に予想していたのはこれだったんですが。

1.    グアム周辺に「火星12」4発発射

2. SLBM「北極星3」発射

3. 3段式ICBM 「火星13」発射

全部ハズレました((+_+))

 

今回のミサイルは火星12ですね
4発同時かと考えていたんですが
1発だけでした。

 

北朝鮮は小出しにやってきますね。
ミサイル発射ってもけっこうお金とか
準備大変なんでしょうかね。

 

前回のミサイルも北海道の襟裳岬沖だったんですが
あれ失敗だったんですよね。

 

理由は明らかにされていませんが
北朝鮮が事前に発表した地図と
あきらかに飛行距離が足りてませんでした。

 

今回はそのリベンジですね。
前回と同じ発射場所から
狙った場所へキチンと飛ばした
そういった結果になっています。

 

これってミサイルの精度が上がったってことなんですよね。
上達してまんせー(‘Д’)

 

飛距離は3700KMなのでグアムへ届きます。
いずれグアムかハワイ沖を狙うんじゃないでしょうか。
正確に飛ばせるのが成功したので
アメリカの領海ギリギリにチャレンジしてきそうです。

 

これ失敗するとアメリカが軍事行動するので
北朝鮮もけっこう恐る恐る詰め寄ってますね。
段階を踏んでいるのがわかります。

 

あと今実験してるミサイルって
弾頭に爆弾が付いてないんですよね。
なので正確にはロケット演習、飛行物体なんですね。

 

これ国際ルールで日本は迎撃できないんですよ。
飛行機とほぼ同じ扱いなんですね。

 

まだ日本を直接狙って落とすタイプの
ミサイルではないことを認識しておきましょう。

 

北朝鮮のミサイルが襟裳岬に落ちる理由とは?

アメリカが怖いからですね。
本当はグアムを狙うと宣言して
発射する予定だったんですが
あまりにアメリカの態度が本気なので
一次は中止と発表しましたよね。

 

この時って北朝鮮にはグアムまでの領海付近3600Kmの
飛距離を正確に狙う技術はなかったんですよね。

 

それでもしアメリカの領海外へシューンと
間違って飛ばしすぎると
軍事行動からの戦争ですから
北朝鮮も慎重に駆け引きしているんですね。

 

なので今はいつミサイル発射するのか
各国が事前にわかるようになっているんですね。

 

今回もミサイル発射するために
地下からミサイルを地上に移動させているのは
事前にヤフーニュースで流れています。

 

金正恩「日本狙うぜ」と宣言、公式発表

ミサイルの発射台への移動ニュース

翌朝の早朝には発射

 

この流れになっています。
すべてヤフーニュースで予測できますよ。

 

それでなぜ早朝なのか
かなりJアラートもうるさいし
目覚まし代わりになっているようですね。

 

これは飛行機や漁船に当たらないようにしてるんですね。
民間機にでもあたったら国際世論の反対で戦争に発展。
北朝鮮、なくなっちゃいますから。

 

北朝鮮のミスをアメリカも狙っている節があるんですよね。

 

ギリギリの瀬戸際外交
武力行使として
北朝鮮のミサイルに
慌てないで対応する必要がありますね。


スポンサードリンク

Jアラートは北朝鮮のミサイルの対策になるの?

Jアラートなんですが
まずは携帯電話の機種によって
必ず非常時には鳴るように設定しておくことを
おススメします。

 

今は北朝鮮のミサイルの軌道によって
警報音がある地域とならない地域が分けられています。

 

今後グアム方面へ飛ばす場合は
島根、広島、四国方面で
Jアラートが鳴ると予想されています。

 

北朝鮮のミサイルは
今はハリボテの飛行物体、ダミーのミサイルなんですが
情勢が変わった場合に
まだ何が起きるのがわからない緊迫した状況なんですね。

 

Jアラートの警報音からミサイルが到着するのに
4分ぐらいといわれていますが
それでもあるのとないのとでは
生存率が全く違うんですよね。

 

もしかするとまだ年内はJアラートの警報音がなるだけで
日本へのミサイルが落ちる可能性は低いかもしれません。

 

それでも北朝鮮のミスや
情勢の変化によっては
戦争に突入する可能性もあるので
Jアラートが鳴ってからの避難の訓練や
万が一に備えて水や食料の備蓄は必要じゃないでしょうか。

防災グッツや食料の記事はコチラ
戦争になったら必要なものや用意するものは?防災グッツは?
戦争になったら必要なものや食料や備蓄は?有事に備えてできることは?

専門家が厳選した防災グッツはコチラ
防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

まとめ

結局は日本に抑止力がないために
北朝鮮のミサイルが上空を飛ばし放題になっていますよね。

 

迎撃や落ちたらどうすると考えるよりも
そもそも北朝鮮のミサイルを発射させない方法を
議論して具体的に考えた方がいいのかなと思います。

 

ミサイルの発射やJアラートの警報が日常化するのって
おかしいことですよね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


スポンサードリンク