コロプラの株価が下落で倒産?特許ゴロで白猫プロジェクトは停止?

任天堂がコロプラを特許権侵害で提訴に
提訴の内容はまだ具体的にわかりませんが
大ヒットした「白猫プロジェクト」の配信停止が
求められているようです。

ネット上では「これって特許ゴロ?」などの情報が飛び交っております
問題は「ぷにコン」がどうなるのかなと
判決次第ではコロプラの株価が下落で倒産?の噂も

初めての人へわかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧くださいm(_ _)m


スポンサードリンク

コロプラとは?

2003年に創業者の馬場功淳が副業で始めた位置ゲーム
「コロニーな生活」のゲームが人気が出て
2008年に独立し法人化したことが発祥。

まだまだ若い会社で副業から独立って夢がありますよね

2012年12月13日に東京証券取引所マザーズに上場

東京恵比寿に本社を構えるコロプラは

資本金 63億2,878万円
売上高 723億95百万円
総資産 592億60百万円

従業員数 620名

この5年間でかなり急成長した会社です。
副業から始めて売上700億ってすごいですね

コロプラの主力はスマホ向けのソーシャルゲーム開発で
位置ゲースマートフォン専用アプリがあります

コロプラが所有する位置ゲーのタイトルは
33タイトルで他社開発や運営も含まれます
スマホ専用アプリ28タイトル

コロプラで有名な大ヒットアプリといえば

  • 白猫プロジェクト
  • 白猫テニス

ではないでしょうか

白猫プロジェクトは2015年より
英語版が『Colopl RUNE STORY』として配信され
全世界の売上本数が1億ダウンロード以上ある
オバケコンテンツなのです。

海外配信で成功したのが急成長の理由でしょう

ダウンロードや基本プレイは無料で
アイテム課金で収益を上げています。

ジャンルはワンフィンガーRPGで
指一本で操作できる通称「ぷにコン」の
操作性が手軽で楽しめます

この「ぷにコン」が問題になり
裁判で提訴されているようです。
どんな状況なのか調べてみました。


スポンサードリンク

コロプラvs任天堂は特許ゴロで白猫プロジェクトは停止?

2018年の朝日新聞の記事によると

任天堂は10日、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」で知られるゲーム会社のコロプラ(東京)に対し、同ゲームが任天堂の特許を侵害しているとして、44億円の損害賠償とゲームの提供差し止めを求めて東京地裁に提訴したことを明らかにした。提訴は2017年12月22日付。任天堂が特許侵害を指摘している技術は、タッチパネル上でのジョイスティック操作など5件。任天堂は「1年以上前から話し合ってきたが、解決が困難と判断した」としている。コロプラは「特許権を侵害する事実は一切ないと確信している」としている。

タッチパネル上でのジョイスティック操作など5件

この特許侵害の中に「ぷにコン」が
含まれているのではないかと予想されています
現段階では任天堂が提訴した特許番号がわからないため
専門家でも具体的にどこが問題になっているのかわからないようです。

裁判所で訴状を閲覧するしか方法はなさそう
専門の記者ぐらいしか知る方法がないですよね

ネット上ではこの部分が問題ではと

ビジュアル的にはマリオカートのパクリに見えるんですがw
任天堂の逆鱗に触れたんでしょうかね

ちなみに特許ゴロとは

パテント・トロールまたは特許トロール(英:patent troll)は、
一般的には定義が困難であるが、自らが保有する特許権を
侵害している疑いのある者(主にハイテク大企業)に
特許権を行使して巨額の賠償金やライセンス料を
得ようとする者を指す英語の蔑称

今回の訴訟について特許ゴロが的確な表現ではありませんが
ゲーム業界の王様・任天堂が特許権の行使して
弱い会社を刈り取るイメージはあります。

アプリ業界は混沌としているので
今後は提訴が多くなるかもしれませんね。

混沌とした創成期がいろいろなアプリが乱立していて
斬新なアイデアも多くて面白い状況なんですけどね

コロプラvs任天堂で株価が下落で倒産?

3.訴訟内容
(1)訴えの内容
特許権侵害に基づく損害賠償請求
特許権侵害に基づく弊社アプリ
『白猫プロジェクト』の生産、使用、
電気通信回線を通じた提供等の差止請求等

(2)訴訟の目的物および価額
損害賠償請求:44億円及び遅延損害金
差止請求の対象アプリ:白猫プロジェクト

この任天堂の訴訟にコロプラ側は
特許の侵害は無いと訴えているんですね

アプリ操作などの開発の元を辿れば
ほぼ任天堂にいきつくような気もするんですがw
白猫プロジェクトの配信停止は問題ないと思います
コロプラには他にもタイトルは多いですから

ただしこの裁判次第で「ぷにコン」が特許権侵害にあたるなら
コロプラの経営はかなり厳しいのではないでしょうか

1月10日の株価はこのような状況


引用:日本経済新聞 – Yahoo ファイナンス – ロイター

ニュースで一時的に株価は下落しています
谷間が消えているww

裁判で気になるのは「白猫プロジェクト」の配信停止と
「ぷにコン」の操作がどう判断されるのかなと

特許権侵害の判断次第ではコロプラ倒産の危機もあるかもしれません
個人的には倒産はないと思うんですけど
危機はありそうって感じです

このニュースに関してホリエモンは

思いのままをツイート
任天堂も余裕ないのかなと感じるのですが
どうでしょうか

まとめ

コロプラVS任天堂ぼ特許権侵害の裁判は
結果次第で株価にも大きく影響がありそう。

他にもヤバいアプリ会社は多いと思うのですが
今後の展開が注目を集めそうですね

最後まで読んでいただきありがとうございました

 


スポンサードリンク